未成年(18歳・19歳)で利用できるカードローンがあるって本当?

カードローンなどのキャッシングは、多くの場合20歳以上でなければ利用することができません。

そのため、未成年者がお金に困った場合、「アルバイトでお金を作る」「親や友達にお金を借りる」という方法しか思いつかない人も多いと思います。


しかし、世の中には「条件を満たせば18歳でも利用できるキャッシング」があり、その情報を知っておけば、いざという時に役立つかもしれません。

ここでは、未成年でも利用できるカードローンについて見ていきます。


未成年(18歳・19歳)でもお金は借りられる?



ローン会社や銀行から融資を受ける際は、融資する側が求める「年齢」の条件を満たしている必要があります。

20歳に達していれば学生でも申し込めるローンはたくさんありますが、未成年の場合は、社会人であっても利用できるローンは多くありません


ここでは、18歳・19歳はお金を借りることができるのか、について見ていきます。

お金を借りられるのは「20歳から」が一般的

現在、日本には銀行の融資やカードローンなど、「お金を借りられる場所」はたくさんあります。

しかし、そのほとんどが「20歳以上であること」を融資条件の1つにしており、この条件を満たせない場合は申し込みができません。

<関連記事>
学生でも借りられるカードローンってあるの?

実は18歳で借りられるローンもある

数は多くありませんが、ローン会社の中には一定の条件を満たした場合に限り、18歳や19歳といった未成年者にも融資を行う企業があります。

ただしこの場合、18歳でも「高校生は申し込み不可」の場合が多く、高校を卒業しているか社会人の立場であることが条件となっています


また、社会人であれば毎月の給料を受け取っているので問題ありませんが、学生の場合は長期のアルバイトで「安定した収入」を得ていることがローン申し込みの必須条件になります。

未成年の場合、「親に秘密の借金」は無理

上で、「18歳でも高校生以外であれば融資を受けられるケースがある」と書きました。

しかし、たとえ社会人として自立した生活を送っている人であっても、20歳に満たないうちは「親権者の同意」がなければ融資を受けることはできません


民法4条に「未成年者の契約取消権」という決まりがあり、未成年者が「親の同意」なしで結んだ契約については、自由に破棄してよいことになっています。

<関連サイト>
民法第4条(成年) – 民法条文解説.com


こうした事情もあり、金融会社は未成年者に対して「親権者(親)の同意書」を必ず求めてきます

未成年が親にバレずにキャッシングするのは不可能、と思ってください。

<関連記事>
家族にバレない!内緒でカードローンを借りるには?



未成年(18歳・19歳)がお金を借りる方法は主に4つ



20歳に達していない若者が企業からお金を借りる方法は、4つに限られます。

ここでは、4つの融資方法の特徴を見ていきます。

1.クレジットカード

クレジットカードは、18歳になっていれば作ることができます(高校生は不可)。

クレジットカードがあれば、今は手元にお金がなくても「ショッピング枠」を使って物やサービスを購入することができます。


また、「キャッシング枠」を利用すれば現金を借りることも可能です。

ただし、未成年者の場合、クレジットカードは作れても「キャッシング枠」の利用ができなかったり、利用できても5万円など少額な場合が多いので注意が必要です。

<関連記事>
カードローンとは?クレジットカードとの違いは?

2.学生ローン

「学生ローン」とは、主に学生を対象にお金を融資する消費者金融のことです。多くの場合、社会人でもお金を借りることができます。

学生ローンの中にも20歳に達していなければ利用できないものもありますが、「18歳から利用可能(高校生は不可)」となっている会社も多いため、未成年者の場合はそういった会社を探して利用するとよいでしょう。


学生ローンは、一般的な消費者金融のカードローンに比べると融資上限額が低いこと、ローンカードが発行されないため、追加の借り入れと返済がやや面倒だという特徴があります。

3.ゆうちょの融資

ゆうちょ銀行では、「貯金」もしくは「国際」を担保にすることで融資を受けられる制度があります。

ゆうちょ銀行としてはこれらの融資に“年齢の制限”を設けていないため、申し込み条件を満たし、審査に通れば誰でもお金を借りることがでます

なお、「貯金担保自動貸付」に関しては審査がありません。

・財産形成貯金担保貸付
ゆうちょ銀行の財形定額貯金、財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金のいずれか1つを担保にして受ける融資です。

18歳の社会人でも、会社に財形制度があり、ゆうちょ銀行で財形貯金をしていれば申し込み可能です。預入金額の最大90%以内(1契約につき最大300万円)までお金が借りられます。


・国債等担保自動貸付
ゆうちょ銀行で購入した国債を担保にして受ける融資です。

ゆうちょ銀行の通常口座が残高不足となった場合に「個人向け国債の80%以内」かつ「一人につき最大200万円まで」の範囲で自動的に口座にお金が融資されます。


・貯金担保自動貸付
ゆうちょ銀行の通常口座が残高不足となった場合に「定期貯金または定額貯金に預入れた金額の90%以内」かつ「通帳1冊につき最大300万円まで」の範囲で自動的に口座にお金が融資される貸付制度です。

ここで挙げたゆうちょの3つの融資の中で、唯一審査がありません。

4.ろうきんのカードローン「マイプラン」

あまり知られていませんが、18歳以上で働いていれば地域によっては労働金庫(=ろうきん)のカードローンを利用できる場合があります

下の表は一例ですが、ろうきんでは地域によってカードローンに申し込める条件が違うことが分かります。

ろうきんカードローン「マイプラン」地域別の申し込み条件

北海道ろうきん・20歳以上65歳未満
・同一勤務先に1年以上勤務している
・前年税込み年収が150万円以上
・年金生活者、専業主婦でも安定した家計年収が150万円以上あれば申し込み可
中央ろうきん
(関東エリア)
・18歳以上65歳未満
・同一勤務先に1年以上勤務している
・前年税込み年収が150万円以上
・(自営業者の場合)同一事業を3年以上行っている
新潟ろうきん・20歳以上で、最終返済年齢が76歳未満
・同一勤務先に1年以上勤務している
・前年税込み年収が150万円以上
・年金生活者の申し込み可
東海ろうきん・18歳以上65歳未満
・定期収入がある

未成年でも利用できる、ろうきんカードローンの特徴については、以下で詳しく解説します。


ろうきんカードローンの特徴は?

ろうきんのカードローンは全国一律の申し込み条件ではありませんが、「18歳から申し込めるエリアがある」ということを覚えておいて損はありません。

ここでは、18歳・19歳といった未成年にも融資を行う「ろうきんカードローン(マイプラン)」の特徴を見ていきます。

「18歳の労働者」も申し込みOK

一般的な銀行・消費者金融のカードローンは20歳以上でなければ申し込めないのに対し、「ろうきんカードローン(マイプラン)」は仕事をしている人であれば18歳から申し込める場合があります。

ろうきんの管轄エリアは全国で13に分かれていますが、その中でカードローンの申し込み条件が「18歳から」もしくは「特に年齢制限なし」となっている地域は6つあります


このことから、約半数のエリアのろうきんが「18歳から申し込みを受け付けている」ということが分かります。

なお、ろうきんカードローンは正社員だけでなく、アルバイトや派遣社員といった方でも申し込み可能です。(ただし北陸エリアのみ非正規労働者不可)


申し込み先のろうきんが提示する「年齢」「勤続年数」「年収」などの条件を満たしていれば、多くの場合、非正規労働者でもろうきんのカードローンを利用することができます。

カードローンの申し込みは居住・勤務している地域の「ろうきん」で




ろうきんは全国にありますが、カードローンの申し込みはどこでも好きな場所で行ってよいという訳ではありません。

ろうきんカードローンの申込条件には全国共通で、「申込者が居住もしくは勤務している地域のろうきんから申し込むこと」という記載があります。


そのため、申し込みは自分の生活圏内にあるろうきんの「店頭」、もしくは該当エリアのろうきんの「ホームページ」から行います

ろうきんは管轄エリアごとにそれぞれ別のホームページを開設しているので、誤った地域のホームページからローンを申し込んでしまわないように注意しましょう。

<全国のろうきん 関連サイト>
全国労働金庫協会(ろうきん) 全国のろうきん一覧

ろうきんカードローンの金利はどのくらい?

ろうきんのカードローンは、金利も地域によって異なります。

どのエリアに関しても、消費者金融のカードローンよりは大幅に低い金利となっているため、特にお金に余裕のない若者にとってはメリットが大きいと言えます。


低金利なことで知られる「銀行カードローン」と比較しても、上限金利に関してはろうきんカードローンの方が低いことも長所の1つです。

カードローンの金利比較(年率)

中央ろうきん
(関東エリア)
5.275%~8.475%
北海道ろうきん9.8%
三井住友銀行4.0%~14.5%
みずほ銀行4.0%~14.0%
アイフル4.5%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%

(注):上記のろうきんの金利は「一般労働者」がカードローンを利用した場合のもの

<関連記事>
【絶対チェック】カードローンの金利を一覧比較してみた!

一定の条件を満たすことで金利がさらに低くなるケースも

ろうきんのカードローンは、「給与の受取口座をろうきんにする」などの条件を満たすことで基本の金利よりもさらに低金利になるケースがあります。

ただし、これに関してもエリアによって違いがあり、すべてのろうきんでこのような対応をしている訳ではありません。


下の表は中央ろうきんの「金利引き下げ制度」を一部抜粋したものですが、一例として下記ような内容でろうきんの口座を利用することで金利を優遇してもらえる場合があります。

金利引下げ項目金利引下げ(年率)
給与振込指定1.50%
公共料金自動支払い(2種目以上)0.30%
年金振込指定1.50%
若年者引下げ(30歳未満)0.60%

<金利引き下げ制度 関連サイト>
ろうきんカードローンマイプラン 金利引き下げ制度


ろうきんカードローンの申し込み条件と必要書類は?

先でも地域ごとの「ろうきんカードローン」の申し込み条件を記載しましたが、まだ他にも確認しておきたい事があります。

ここでは、先の情報を簡単にまとめつつ、さらに追加で確認しておきたい申し込み条件を見ていきます。

1社で安定収入を得ていること

各地域で利用条件が違うろうきんのカードローンですが、どのエリアでも「安定収入があること」は必須条件です。

ろうきんにおける“安定収入”の基準は、「前年度の年収が税込で150万円以上あること」です。

また、「勤続1年以上であること」という条件に関しても全国共通です。

18歳で借りるためには前年度に150万円の稼ぎが必要

ろうきんのカードローンを利用するためには“前年度の年収”が150万円以上必要です。

そのため18歳になって、ろうきんカードローンを利用できる人というと、中学卒業後すぐに社会人になって働き始めて、16歳や17歳の時点で年収が150万円以上ある人などに限られてしまいます。


前年度は無職だったり、150万円以下しか稼いでいなかった場合、翌年にろうきんカードローンを利用することはできません。

他社からの借り入れが多いと審査NGの原因になる

18歳・19歳の未成年者でも、中にはすでにクレジットカードや学生ローンからお金を借りて「借金」がある人もいるでしょう。

これはろうきんに限ったことではありませんが、カードローンの審査を受ける場合、他社からの借入はゼロ、もしくは少ない状態が理想的です。


また、携帯電話の料金をもし滞納している場合は、それも審査NGの原因になる可能性があります。

カードローンを申し込む前にまずそちらの支払いを優先した方がよいでしょう。

ろうきんのカードローン申込に必要な書類

ろうきんのカードローンを申込む際に必要な書類は、下記のとおりです。

基本的にどの地域のろうきんでも用意する書類は一緒ですが、その地域や状況によっては下記に記載のない書類の提出を求められる可能性もあります。


詳細は自分が申し込みをするろうきんへ確認するとよいでしょう。

・本人確認書類:運転免許証、パスポートなど
・収入証明書類:住民税決定通知書など公的収入証明書
・居住年数確認書類:住民票または外国人登録証明書
・勤続年数確認書類:国民健康保険証以外の健康保険証



なお、上記で勤続年数確認書類は「国民健康保険証以外の健康保険証」となっていますが、国民健康保険証しか用意できない場合でも「ろうきん所定の給与証明書」を提出することで申し込みができるので、心配はいりません。


未成年がカードローンを利用する前に知っておきたいポイント



ここまで、18歳・19歳の未成年者がお金を借りる方法や、ろうきんのカードローンなら18歳でも利用できる場合があることなどを見てきました。

最後に、未成年者がカードローンを利用する前に知っておきたいポイントを見ていきます。

ろうきん以外のカードローンは「20歳以上」でないと申し込めない

ろうきんのカードローンは18歳から申し込める場合がありますが、銀行や消費者金融のカードローンは20歳以上でなければ申し込むことができません。

18歳から申し込める「カードローン」は、ろうきん以外ではなかなか見つからないので、未成年でもカードローンを利用したい方は検討してみるとよいでしょう。

低金利だけど、審査が厳しい

ろうきんのカードローンは、銀行カードローンと比べても低金利です。

低金利なのは利用者にとって大きなメリットですが、その分だけ審査も厳しいのがろうきんカードローンのデメリットです。

審査を無事に通過するためには、マイナスになりそうな要素(他社借入・携帯電話料金の滞納など)をできるだけ早くなくしておくことが大切です。

社会人のキャッシングとはいえ、親の同意が必要になる

先でも書いたとおり、10代のうちは親の同意なしでお金を借りることは絶対にできません

10代でも親元を離れて社会人として自立した生活を送っている人もいるでしょうが、そういった状況でも10代である以上は親の同意が必ず必要です。


「一人暮らしであれば親の同意は必要ない」という訳ではありませんので、覚えておいてください。

ろうきんカードローンは融資までに1ヶ月かかることも

消費者金融のカードローンの場合、すべてが順調に進めば申し込みの1時間後には融資を受けられることもあります。

しかし、ろうきんカードローンは即日で審査結果が出ることはなく、状況によっては申し込みから融資までに1ヶ月ほどかかることもあります。

ろうきんのカードローンは低金利なので、少し長く待っても利用する価値がありますが、急いでお金を借りたい場合には向かないかもしれません。



以上、未成年が利用できるカードローン、ろうきんカードローンの特徴や申し込み条件を見てきました。

未成年でも利用できる、それなりに低金利などのメリットがある一方、親の同意書が必要、前年の年収が150万以上など、それなりに制約もあります。


お金に困った時の最後の手段としてカードローンに頼るのはやむ得ないですが、まずはお金を借りずに解決できないか、親にお金を借りることはできないか、など検討することをおススメします。

未成年(18歳・19歳)で利用できるカードローンがあるって本当? まとめ

  • 通常カードローンは20歳からしか利用できないが、ろうきんカードローンなら18歳・19歳でも利用可能
  • ろうきんカードローンはエリアによって申し込み条件・金利が異なる
  • ろうきんカードローンの申し込み条件は、安定収入がある社会人であること(学生は不可)、前年度の年収」が150万以上であること
  • ろうきんカードローンの申し込みは居住・勤務エリアで異なる(一部対応してない地域あり)
  • 未成年のろうきんカードローンでは、親の同意書が必要になる
  • ろうきんは低金利なぶん審査が厳しい。また、融資までに1ヶ月かかることもある


人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング