【元銀行員が解説】奨学金のお金を借りるリスクって何?

進学のために、奨学金を利用している人は多いはずです。

非常に好条件で利用できる奨学金ですが、実はそれなりのリスクもあることを、ご存じでしょうか?


下記のサイトにもある通り、奨学金が返済できず破産に追い込まれるケースさえあります。

<関連する外部サイト>:“奨学金破産”の衝撃 若者が… 家族が… – NHK クローズアップ現代+

ここでは、奨学金のリスクについて解説します。

そもそも、奨学金って何?

奨学金とは

奨学金とは学生本人が借りる借金

「奨学金」とは、進学のために学生本人が借りる借金のことです。

中には「奨学金はもらえるものだ」と勘違いする人もいるようですが、基本的にこれは誤解です。

<関連記事>:教育ローンと奨学金の違いは?お金を借りる時の注意点は?


下の表の通り、奨学金には給付型・貸与型の2つの種類があります。

返済の必要がない「給付型」の奨学金に関しては「もらえるもの」という考えで間違いありません。


しかし、給付型奨学金の審査は大変厳しいため、この制度を利用できるのは、ほんのひと握りの優秀な学生に限られます

そのことから、利用者の数が多いのは「貸与型奨学金」ということになり、貸与型奨学金はあくまでも借りるお金であるため、返済の義務が生じます。

奨学金の種類
(日本学生支援機構)
返済 利息
給付型奨学金
(返済の必要がない奨学金)
なし なし
第一種奨学金
(貸与型奨学金)
あり
※返済は卒業後から
なし
第二種奨学金
(貸与型奨学金)
あり
※返済は卒業後から
あり(利率は0.01%~0.33%)
※利息発生は卒業後から

<関連サイト>:奨学金の制度(給付型)| 日本学生支援機構(JASSO)

第一種奨学金以外は利息がかかる

貸与型奨学金には、利息ありとなしの2タイプがあります。

日本学生支援機構の奨学金では、利息が発生しない奨学金を「第一種奨学金」、利息が発生する奨学金を「第二種奨学金」と呼んでいます

使いみちは「学びに関すること」なら何でもOK

奨学金は、学校生活を送るための用途であれば、大抵は問題ありません。

例えば、一例として下記のようなものを奨学金で支払うことができます。

なお、個人的な遊びのために奨学金を使うことは禁止されているので、注意が必要です。

・授業料、教材費、昼食代、文具代
・パソコン、タブレット、電子辞書の購入代金
・家賃、食費、水道代、光熱費、日用品代(一人暮らしや下宿の場合)
・サークル活動費、課外活動費
・留学費用


奨学金は契約も返済も学生本人が行う

奨学金は「借金」ですが、契約するのも返済するのも「学生本人」です。親ではありません。

借金と聞くと、「契約も返済も親が行うもの」と誤解してしまう人もいるかもしれません。


しかし、「奨学金」に関しては契約も返済も学生本人が行う決まりとなっているので、この部分はしっかり覚えておきましょう。

ちなみに学生本人が利用できるローンとして、奨学金の他に学生ローンやカードローンなどがあります。

<関連記事>:学生ローンでお金を借りるのに注意したいことは?



奨学金のメリット・デメリットについて

奨学金,メリット,デメリット

メリット1:金利が低い

なんといっても、低金利なのが魅力です。

「教育ローン」の金利が平均2~4%なのに対し、奨学金の金利は(高くても)0.33%です。

メリット2:返済は卒業後からでよい

教育ローンは借りた翌月からすぐに利息が発生し、返済も翌月からすぐに必要です。

しかし奨学金の場合であれば、在学中は利息が発生しないだけでなく、返済も卒業後からでよいので、在学中は勉強に集中できます

デメリット1:審査が厳しい

デメリットの一つ目は、審査が厳しいことです。

たとえば日本学生支援機構の「第二種奨学金」の審査では、学生本人の学業成績のほか、子供が何人いるかにより、世帯ごとの年収上限が設けられています

さらに無利息の奨学金である「第一種奨学金」においては、利息が発生する「第二種奨学金」よりも高い学業成績が求められます。

<関連記事>:カードローンの審査基準を教えます!

デメリット2:申し込める時期が限られている

奨学金の申し込み時期

奨学金のもう1つのデメリットは、「申し込み時期が限られていること」です。


日本学生支援機構の奨学金では、高校3年在学中に奨学金を申し込むことを「予約採用」、大学・専門学校に進学してから申し込むことを「在学採用」と呼びます。

どの場合でも、年に1~2回しか申し込める時期がないため、非常に不便です。


なお日本学生支援機構の奨学金では、大学・専門学校へ進学後に保護者が急に働けなくなった場合に備え、「緊急(応急)採用」という枠の奨学金も用意しています。

こちらは緊急時のための奨学金なので、申し込みは随時受け付けています。

<外部の関連サイト>:緊急採用・応急採用 – JASSO



あまり知られてない、奨学金が抱える問題とは?

奨学金の問題点

ここからは、あまり広く知られていない「奨学金が抱える問題」について見ていきます。

奨学金は「借金」だと知らない学生が多い

先でも書いたとおり、(給付型以外の)奨学金は「借金」です。

このことを知らず、「奨学金=返済の必要がないお金」と誤解してしまう学生さんが、意外に多いのです。


もらえるお金と勘違いし、なんの計画もなしに気軽に申し込んで奨学金を使った結果、返済義務が生じた時に準備をしていなくて、途端に返済に行き詰る事例が少なくありません。


こういった誤解を持ったまま奨学金を利用してしまう原因には、学校の先生が「奨学金=借金」ときちんと説明してないことが挙げられます。

また学生本人の情報収集が、足りていないことも考えられます。

奨学金の利用前には説明をきちんと読み、できるだけ多くの情報を収集するようにしましょう。

<関連記事>:【元銀行員が教える】学生でも借りられるカードローン

無計画な借り入れで返済できなくなるケースも

返済に行き詰る原因は色々ありますが、その中の1つに「無計画であること」が挙げられます。

たとえば家庭に進学のためのお金が少しはあったのに、「借りられるものは多く借りたほうが得」と考えてる人がいます。

ですが奨学金は、10年・15年と長く返済が続くことが見込まれる借金です。


若者にとっての15年の期間というと、その間に結婚・出産・家の購入など、大きな人生の変化がある期間でもあります。

これらのライフイベントと重なってもきちんと返済を継続していけるか、先々のことを考える必要があります。

低収入で返済が困難な学生も多い

さらに近年とても多いケースが、「収入が低すぎて返済が困難なケース」です。

学生時代に奨学金の利用を開始した時には、誰もが「将来はきちんと働いて奨学金の返済を行おう」と考えています。


ですが実際に社会人になってみると、実家暮らしでも生活が苦しいような給与しか手にできないケースもあります。

これでは、奨学金返済にあてるお金を用意するのは難しいでしょう。


また奨学金返済のお金はなんとか用意できても、返済の苦しさから結婚・出産を諦めるといった若者が多いことも、社会問題の1つとなっています

こうした状況を受け、政府では「返済が不要な奨学金」の導入を検討しています。


ただし、どこからその財源を確保するかなど、課題はまだ多く、実現するとしてもまだ先の話となりそうです。

奨学金の返済が苦しいのは日本だけではない

ひと昔前の日本では、「大学・専門学校の進学費用は親が出して当たり前。奨学金を利用するのは貧乏な家庭」といったような風潮がありました。

しかし今は、親の世代も子供の進学費用をラクに支払える人が少なくなりました。

そのため昔に比べ、多くの学生が奨学金や教育ローンなど、なんらかの「教育に関する借金」を利用していると言われています。


一方でアメリカの学生の場合、日本よりもだいぶ前から「大学の学費は学生本人が支払う」という文化が定着しています。

アメリカの大学進学者の奨学金利用率は、全体の7割程度になるというデータもあります。


日本の大学の学費は、私立大学で年間150万円程度です。

一方のアメリカの場合、授業料が高額な私立大学に通った場合の1年間の学費は、年間で500万円ほどかかるケースも珍しくありません。


返済に苦しむ若者がそれだけ多くなり、アメリカで奨学金問題は日本以上に社会問題化しています。

その国の物価や雇用状況、経済状況などさまざまな状況にもよりますが、やはり、「奨学金の返済」が苦しいという点ではどこの国でも大差はないようです。

<外部の関連サイト>:The National Center for Education Statistics



奨学金を利用する前に知っておきたいポイント

上では、奨学金のリスクについて見てきました。

ですが、「それでも奨学金を利用したい」と言う方も少なくないはずです。何といっても低金利ですし。

そこで以下では、奨学金を利用する前に知っておきたいポイントをまとめました。

奨学金は「落第」で利用できなくなることも

先ほども書いた通り奨学金では、審査の段階で成績と年収が問われます。

ですが入学前だけでなく、入学後の成績についても審査の対象になります


入学後にもし「落第」するようなことがあれば、その時点で奨学金の利用ができなくなるケースがあります。

奨学金を利用できなくなると、それ以降の授業料は自分で用意する必要があるため、退学(や休学)に追い込まれやすくなります。

金融事故の過去があると奨学金を利用できない

たとえ学生でもバイト収入があれば20歳以降は、カードローンが利用できるようになります(クレジットカードは18歳以上)。

カードローンやクレジットカードで仮に延滞(返済が遅れること)すると、「事故情報」として信用情報機関に記録されます。


奨学金の審査では、この事故情報もチェックしており、金融事故を起こすと奨学金の利用ができなくなります

ちなみに奨学金だけでなく、カードローンを含む一切の借り入れができなくなるため、学生時代の延滞は特に気を付けて下さい。


この記事のまとめ

  • 奨学金とは学生が利用できる、進学のための借金(借主は学生)
  • 奨学金は他のローンに較べて、非常に低金利。さらに好条件の奨学金もある
  • 教師の説明不足などもあり、「奨学金は返済不要」と勘違いしてる学生が多い
  • 卒業後に安定した職に就けず、奨学金の返済に苦しむ人が増えている
  • 学費の高いアメリカでは、奨学金は日本以上に社会問題となっている

人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング