カードローン借り換えで失敗しない!元銀行員が教えるオススメの方法とは?

カードローン利用者の中には、「金利を下げて返済を楽にできたら良いのに・・・」と考えている人も多いと思います。

カードローンの金利を下げる方法の一つが、「借り換え」です。


「借り換え」という言葉を聞いたことはあっても、その内容をきちんと説明できる人は少ないでしょう。

今回は、カードローンの借り換えについて、方法や注意点を解説します。


カードローンの借り換え、メリットや特徴は?

カードローンの借り換え、メリットや特徴は?

そもそも借り換えには、どのような効果があるのでしょうか?

まず初めに、借り換えのメリットや特徴を見ていきます。

借り換えで金利が下がる可能性あり!

借り換えとは、既存の借り入れよりも有利な条件のローンへ乗り換える事を指します。

利用中のカードローンよりも低い金利のローンに借り換えると、その差分だけ金利が下がります。


借り換えによって金利が下がれば、利息の負担が軽くなり、返済額を減らす事が可能です。

では実際に、借り換えでいくら位の利息が減るのでしょうか?


例として、借入金額100万円を5年間で返済した場合の、総返済額と利息額を見ていきます。

金利(年) 総返済額 内 利息
18.0% 1,523,573円 579,052円
15.0% 1,427,378円 427,378円

金利が年18%のカードローンから年15%のローンに借り換えた場合、15万円以上の利息を減らす事が可能です。

<関連記事>:カードローン金利の仕組みを元銀行員が解説!利息の計算方法は?

支払いが苦しくて悩んでいる人は、借り換えで金利を下げれば、利息の負担を軽減できます

借り換えには2種類ある

「借り換え」と一口に言っても、借り入れの状況によって、以下の2つのパターンに分けられます。


<既存の借り入れが1社のみの場合>
既存の借り入れが1社のみの場合

既存の借り入れが1社のみの場合、借入残高と同じ金額を別の会社で新たに借り入れる事で、借り換えを行います。

借換先で借りたお金は、既存の借金を一括返済するの資金に充てられます。


既存の借り入れを解約する事で、借入先の変更が可能です。


<複数の借り入れを一本化する場合>
複数の借り入れを一本化する場合

既に複数の会社から借り入れがある場合は、「おまとめローン」を利用します。

複数の借り入れを一本化する事で、返済日の統一が可能です。


おまとめ先の1社にだけ返済すれば良いので、返済状況の管理がグッと楽になります。


なおローン各社は、借入額に応じて、適用される金利の幅を定めています。

借入額が大きくなるほど、適用される金利帯は低くなるのが一般的です。


そのため1社にまとめる事で、複数の会社で少しずつ借りた場合よりも、低金利で借り入れできます。

カードローンの借り換えは審査が厳しい

上にも書いた通り、カードローンの借り換えには、金利が下がるなどメリットがあります。

しかし借り換えの場合、通常のカードローン申込に比べて、審査は厳しめです。


借り換えを検討している人は、多額の借り入れを抱えているケースが多いためです。

特に借入件数が多い人は、返済不能に陥るリスクが高いと判断され、審査で大きなマイナスポイントになります。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローンの審査の流れと審査基準

収入に対して借入希望額が大き過ぎるのも、審査に落ちる原因になります



カードローンの借り換え、方法は?

カードローンの借り換え、方法は?

カードローンを借り換える方法として、①低金利カードローン、②フリーローン、③おまとめ専用ローンの3つが考えられます。

以下、借り換えの方法について、詳しく見ていきましょう。

低金利の銀行カードローンに借り換え

高めの金利でカードローンを利用している場合、銀行カードローンへの乗り換えを検討しましょう。

銀行カードローンは、消費者金融と比べて低金利なのが特徴です。


以下の表では、大手消費者金融と銀行カードローンの金利を一覧にまとめました。


<消費者金融>

消費者金融カードローン 金利(年) 借入限度額
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アイフル 3.0%~18.0% 1万円~800万円


<銀行カードローン>
銀行カードローン 金利(年) 借入限度額
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万円~800万円
三菱UFJ銀行 バンクイック 1.8%~14.6% 10万円~500万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万円~800万円

表からも分かる通り、消費者金融の金利相場は年3.0%~18.0%です。

それに対し、銀行カードローンの金利は、年2.0%~15.0%が相場になっています。

<関連記事>:消費者金融から銀行カードローンへの借り換えで絶対気を付けたいことは?

金利が低い分、銀行カードローンの審査は、消費者金融よりも少し厳しめです

フリーローンへ借り換え

「フリーローン」の中にも、借り換え目的で利用できるローンがあります。


フリーローンとは、銀行などで取り扱われるローン商品です。

自動車ローンや住宅ローンとは異なり、借りたお金の利用目的は、基本的に自由とされています。


フリーローンの金利相場は年6.0%~7.0%であり、カードローンよりも低金利で借り入れできます。

ただしフリーローンは、一つの契約で、決まった金額を一度だけ借りられるタイプのローン(=証書貸付)です。


カードローンのように、繰り返し何度も借りる事はできません。

また審査に最低でも1週間はかかり、銀行カードローンよりも審査が厳しいので、カードローンに較べて使い勝手が良くないのが難点です。

フリーローンでの追加の借り入れを行うには、改めて審査を受ける必要があります

既存の借り入れが多い人は、おまとめ専用ローンを利用する

複数の借り入れを一本化するとなると、どうしても借入額は大きくなってしまいます。

そのため借入件数が多い人には、借入限度額の上限が大きく、金利が低い「おまとめ専用ローン」の利用がオススメです。


たとえば大手消費者金融のアイフルでは、おまとめ専用ローン「おまとめMAX」が用意されています。

<関連記事>:【元銀行員が解説】おまとめローンでNGなこと・審査上の注意点



失敗しない!借り換えローンを選ぶ3つのポイント

ここまで、借り換えの特徴や方法について見てきました。

では、カードローンの借換先を選ぶ時、どんな点に注意すれば良いのでしょうか?

1.利用中のカードローンよりも金利が下がること

利用中のカードローンよりも金利が下がること

繰り返しになりますが、借り換えの最大のメリットは、金利が下がる事です。

そのため借換先選びに迷ったら、まず金利の低さで候補を絞りましょう。


同じくらいの金利のローンに乗り換えても、トータルの返済額が変わらず、借り換えの効果を十分に得られません。

またローン同士を金利で比較する際は、上限金利に注目しましょう。


金利は審査によって決まるので、いくら下限金利が低くても、実際にその金利が適用されるのは可能性はかなり低いです。

借入額にもよりますが、初めて利用する会社の場合、上限に近い金利になるケースがほとんどです

2.限度額の上限が借入残高よりも大きいこと

いくらまで借りられるのか(=借入限度額)の上限は、ローン会社によって異なります。

借り換え先を検討する際は、借入限度額の大きさが十分かどうかも重要なポイントです。


例として、200万円の借り入れがあるケースを考えます。

借換先のローンの限度額が最大100万円だった場合、新たに借りたお金だけでは既存のローンを完済する事ができません。


残った100万円の返済も続ける事となり、かえって返済が厳しくなります。

借り換えにあたっては、既存の借入残高の合計よりも、借入限度額が大きいローンを選ぶと良いでしょう。

3.トータルの返済額で損しないこと

借り換えを行う場合、まず借換先の会社と新たなローン契約を結ぶ事になります。

この時、毎月の返済額を少なく設定すれば、月々の支払いを楽にすることも可能です。


しかし毎月返済額を少なくし過ぎると、元金の返済ペースが遅れてしまいます。

返済期間が長引いた分だけ利息がかさみ、トータルの支払額が増える点には注意が必要です。


利息の負担を軽くするには、借り換え前と同じかそれ以上のペースで返済していく事になります。

<関連記事>:カードローンの返済期間はどの位?返済できない時はどうなる?

毎月返済額がいくらで、トータルの返済額がいくらになるか、シミュレーションをしてから借換先を選びましょう

以上、カードローンの借り換えについて、方法や注意点を解説しました。

借り換えは、カードローンの金利を下げるために、効果的な方法の一つです。


ですが借換先の選び方や利用条件によっては、かえって返済の負担が増える結果にもなりかねません。

借り換えは、事前に下調べやシミュレーションをした上で、慎重に行いましょう。

この記事のまとめ

  • 借り換えとは、既存の借り入れよりも有利な条件のローンへ乗り換えること
  • 複数の借り入れを一本化する場合は、「おまとめローン」を利用する
  • 会社選びのポイントは、対応する自動契約機の数
  • 消費者金融で借りている場合、金利が低い銀行カードローンへ借り換えるのも方法の一つ
  • 借換後の毎月返済額を少なくし過ぎると、かえって利息の負担が増える点に注意

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ



人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


カードローンのおすすめランキング