実質年率とは?元銀行員が解説!金利と何が違うの?

カードローンについて調べてみると、「実質年率」という言葉をよく目にしますよね。

「実質」とは、どのような意味なのでしょうか?


また実質年率は、「金利」や「利息」とは何が違うのでしょうか?

今回は、「実質年率」の意味や金利・利息との違いについて、分かりやすく解説します。


実質年率とは?

そもそも金利・利息って何?

実質年率について説明する前に、まずは金利・利息の基本を確認しましょう。

金利とは、お金を借りるために支払うレンタル料のことです。


一般的には、借入金額に対するレンタル料の割合を、「金利〇%」と表現します。

それに対して利息とは、レンタル料の金額そのものです。


借主は貸主に対して、借金の返済時に、借りた日数分の利息を支払う必要があります。

貸主側から見れば、借主から受け取った利息はそのまま利益になります。

「実質年率=金利・利息」でない!

実質年率,金利,違い

実質年率は、金利・利息とは異なる意味で使われる言葉です。

借り入れに対してかかる利息に、事務手数料や融資取扱手数料、保証料などの諸費用を含めて、一年当たりの利率に換算することで、実質年率は求められます。


つまり(乱暴な言い方をすると)実質年率とは、通常の金利に手数料など加えた利率のことです。

仮に金利が10%で、その他手数料の合計が2%とすると、実質年率は12%ということになります。


なお実質年率を使って返済額を計算する方法は、「実質年率方式」と呼ばれています。

実質年率には上限がある!

カードローン,金利,利息制限法,出資法

カードローン金利(=実質年率)には上限があり、「利息制限法」と「出資法」の2つの法律で規定されています。

以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。


<利息制限法>
利息制限法とは、銀行や貸金業者、個人など、お金の貸し借りを行う場面について、利息を制限する法律です。

金利の上限は借入金額に応じて、以下のように定められています。

借入額 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

利息制限法に違反した金利での借り入れは、すべて無効になります。

カードローンなど貸金業者からの借り入れの場合、利息制限法に違反した業者は、営業停止などの行政処分の対象です。


<出資法>
出資法とは、正式名称「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」で、金利などを取り締まる法律です。

定められたカードローンの上限金利は、借入金額に関係なく、一律で20%です。


なお出資法には、罰則も規定されています。

出資法の規定を超える高金利で貸し出しを行った場合、貸金業者は刑事罰の対象になります。


以上の規定は、カードローン金利だけでなく、あらゆる融資の金利に適用されます。

実質年率も金利の一種なので、当然あてはまります。


つまり、実質年率の上限金利も20%ということになります。

年20%を超える融資を行っているのは、間違いなく違法業者です。絶対に取引しないよう、注意してください。

実質年率以外の計算方法は?

返済額を求める方法として、実質年率方式の他に、「アドオン方式」があります。

アドオン方式は、当初の借入金額を、返済終了までの元本として計算する方法です。


借入金額に金利(=アドオン率)を掛けて利息を求めて、その利息と借入金額を合わせた総額を返済回数で割ることで、1回あたりの返済額を算出します。

カードローン,返済額の計算方法

ここで実際に、毎月返済額を求めてみましょう。

例として、30万円を金利18.0%で借りて、24回分割で返済したケースを見て行きます。

毎月の返済額,計算

詳しくは後ほど説明しますが、アドオン方式は、実質年率方式に比べて計算がとても簡単です。

しかし最初の借入金額で返済終了まで計算するので、実際に支払う金額は、実質年率方式よりも高くなるというデメリットがあります。


なおアドオン方式で計算されるのは、クレジットカードの分割払いや自動車ローンなど、一部のケースのみです。

カードローンの場合、アドオン方式ではなく実質年率方式が採用されています。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローンとクレジットカードとの違いは?

現在、アドオン方式だけでの表示は、法律で認められていません。
アドオン方式を採用している場合でも、実質年率を併せて記載する決まりになっています。



実質年率、知っておきたいポイントは?

ここまで、実質年率のキホンを確認してきました。

では実質年率方式のローンを利用するとき、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

実際には、ほぼ「実質年率=金利」

実質年率,金利,同じ

実質年率は、融資取扱手数料や保証料を含む点で、金利・利息とは意味が異なります。

しかし実際のところ、ほとんどのカードローン会社では、融資取扱手数料や保証料は無料です。


そのため「実質年率」という言葉は、一般的に、カードローン金利とほぼ同じ意味で使われていると考えて問題ありません。

このサイトでも、実質年率のことを指して「金利」と表現しています。

実質年率はどんな場面で使われる?

実質年率方式は、通常の利息の他に、遅延損害金の計算でも利用されます。

遅延損害金とは、カードローンやクレジットカードのキャッシングなど、ローンの返済遅れに対する「ペナルティ料金」です。


返済遅れが発生すると、遅れた日数分の遅延損害金を、通常の返済額に上乗せして支払う事になります。

遅延損害金は「遅延利息」とも呼ばれ、その利率は「遅延損害利率」と表現されます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローンの遅延損害金とは?計算方法は?

実質年率方式のメリットは?

実質年率方式を採用するメリットは、月々の利息の負担を抑えられる点です。

アドオン方式が、最初の借入金額を基準とするのに対し、実質年率方式は、その時点での借入残高を基準にして、計算します。


つまり実質年率方式なら、返済回数が進むごとに、支払う利息の金額が小さくなると言えます。

デメリットは計算が複雑になること

実質年率方式のデメリットは、何と言っても計算が複雑になる点です。

トータルの返済額を実質年率方式で求めるには、残高が減っていくごとに、改めて計算しなおす必要があります。


とは言えカードローンの利用にあたっては、前もってトータルの支払額を把握し、きちんと返済計画を立てておきたいところです。

カードローン会社のWebサイトなどで公開されているシミュレーションツールを使えば、簡単に返済額を計算できますよ。



実質年率と利息、どうやって計算するの?

実質年率方式の場合、どのように利息を計算しているのでしょうか?

以下、実質年率を使って利息額を計算する方法について、解説します。

実質年率から利息を計算する方法は?

上にも書いた通り、実質年率方式では、借入残高が減れば利息の負担も軽くなります。

では具体的に利息の金額は、実質年率を使ってどのように計算されるのでしょうか?


毎月の利息は、以下の計算式で求めることが出来ます。

利息計算,カードローン

たとえば30万円を実質年率18.0%で借りた場合、1カ月目の利息は以下のように計算できます。

利息の計算,実質年利

カードローンの返済では、上記のような計算を毎月行うことで、利息の金額が確定します。

<関連記事>:カードローン金利の仕組みを元銀行員が解説!利息の計算方法は?金利を下げるには?

この計算式は、遅延損害金の計算にも使えます。
金利の代わりに遅延損害利率を使って、遅延した日数で計算しましょう。

実際に利息を計算してみよう!

カードローンでお金を借りた場合、トータルの利息はどれ位の金額になるのでしょうか?

30万円を借りたと仮定して、完済までの返済計画をシミュレーションしてみましょう。

<30万円を借りた場合>
・借入額:30万円
・金利:18.0%
・毎月返済額:11,000円

返済回数 返済額 借入残高
内 利息額
1か月 11,000円 4,500円 293,500円
6か月
(半年)
11,000円 3,997円 259,506円
12か月
(1年)
11,000円 3,343円 215,226円
18か月
(1年半)
11,000円 2,627円 166,809円
24か月
(2年)
11,000円 1,845円 113,868円
30か月
(2年半)
11,000円 989円 55,980円
35か月 11,000円 216円 3,629円
36か月
(最終回)
3,683円 54円 0円
累計 388,683円 88,683円


上の表からも分かる通り、借入残高が減るごとに利息の金額は小さくなり、最終回には支払額のほとんどが元金に充てられます。

繰り上げ返済を行えば、残高が減るペースが早まるので、更に利息の負担を軽くすることも可能です。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローンの返済期間はどの位?返済できない時はどうなる?


以上、実質年率の意味や金利・利息との違いについて、解説しました。

実質年率方式は計算方法が複雑であるため、自分でトータルの支払額を求めるのは難しいでしょう。


しかし、基本的な仕組みや計算式を覚えておけば、大まかな金額が分かるので、スムーズな返済に役立ちます。

借金の返済で苦しむことがないよう、今回の内容を参考にして、無理のない返済計画を立てましょう。

この記事のまとめ

  • 金利・利息は、お金を借りるために支払うレンタル料で、借入金額に対するレンタル料の割合を「金利〇%」と表現する
  • 実質年率とは、借り入れに対してかかる利息に、事務手数料や融資取扱手数料、保証料などの諸費用を含めて、一年当たりの利率に換算した値
  • 実際には、融資取扱手数料や保証料が無料であるカードローン会社がほとんどで、「実質年率」と「金利・利息」はほとんど同じ
  • 実質年率方式なら、返済が進んで借入残高が減るごとに、支払う利息の金額が小さくなる
  • 繰り上げ返済を行えば、残高が減るペースが早まるので、更に利息の負担を軽くすることも可能

あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ



人気のカードローンは?





検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


カードローンのおすすめランキング