元銀行員がおすすめの銀行カードローンを紹介します!



いざ銀行カードローンを利用しようと思っても、銀行の数だけ銀行カードローンの種類もある状況で、数が多すぎてどれを選んだらよいのか分からない方も多いはずです。

ここでは、銀行カードローンを選ぶ上での3つのポイントを紹介します。

・金利で選ぶ

・即日キャッシングのしやすさ

・口座を持っている?


これだけと分かりづらいので、もう少し詳しく解説します。

金利で選ぶ

消費者金融やクレジットカードに較べて低金利の銀行カードローンですが、銀行によってカードローンの金利は違います。

下記は、大手銀行カードローンの金利・借り入れ限度額の一覧です。こうして見ると、銀行カードローンも各社によって金利が違うことが確認できます。

銀行カードローン 金利 借入限度額
三菱東京UFJ銀行(バンクイック) 1.8~14.6% 500万円
三井住友銀行 4.0~14.5% 800万円
みずほ銀行(エクゼクティブプラン) 3.5~7.5% 1000万円
みずほ銀行(コンフォートプラン) 4.0~14.0% 1000万円
千葉銀行 1.7~14.8% 800万円
新生銀行カードローンレイク 4.5~18.0% 500万円
静岡銀行(セレカ) 4.0~14.5% 500万円
じぶん銀行 2.2~17.5% 800万円
りそな銀行(クイックカードローン) 9.0~12.4% 200万円
りそな銀行(プレミアムカードローン) 3.5~12.4% 800万円
横浜銀行 1.9~14.6% 1000万円

あとで述べるように、金利だけで銀行カードローンを選ぶべきではないですが、金利が大きな判断材料なのは間違いないと思います。

即日キャッシングのしやすさ

お金を借りるなら、できるだけ当日中に借りたいという人も多いはずです。以下は、大手銀行カードローンのうち、即日キャッシングに間に合うための、ネット(スマホ)申し込み時間の締め切りを表にしたものです(時間は目安)。

平日 休日 必要なもの
三菱東京UFJ銀行(バンクイック) 19時までに 15時までに 銀行口座
運転免許証
千葉銀行 午前中までに※ 不可 銀行口座
みずほ銀行(どちらのプランも) 午前中までに※ 不可 銀行口座
新生銀行カードローンレイク 20時までに 19時までに 身分証明書

注意点としては、ネット(スマホ)申し込み後に、銀行の支店に併設された自動契約機で契約を行う必要があります。

ただし千葉銀行とみずほ銀行は、ネット(スマホ)完結の申し込みのみ対応しています。つまり、来店せずにカードローンの利用が可能ですが、その分申し込みの締め切りは早くなります。


こうして見ると、バンクイックが、即日キャッシングにも比較的強いことが分かります。

新生銀行カードローン レイクも比較的遅い時間まで対応していますが、店舗数(=自動契約機の数)が少なく、自動契約機に行くまでに時間が掛かるのが難点です。

口座を持っている?

銀行カードローンでは、その銀行の口座(キャッシュカード)を持っていないと申し込みができない場合が多いです。ですので、できるだけ自分が口座を持っている銀行のカードローンを申し込んだ方がよいでしょう

上で挙げた表の中で例外なのは、三井住友銀行カードローンと新生銀行カードローン レイクです。どちらの銀行カードローンも、銀行口座なしで申し込みが可能です。


また、支店(自動契約機)が近くにあるかも確認した方がいいでしょう。銀行カードローンの自動契約機は、その銀行の支店に併設されている場合が多いからです。

この意味で、支店の多いメガバンクのカードローンの方が使い勝手はよいです。



以上、銀行カードローンを選ぶ上での3つのポイントを紹介しました。これに沿って、ご自身にあった銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。

以下では、この3つのポイントに加えて、カードローンのブランドイメージ・安心感なども加味して、おすすめの銀行カードローンをランキング形式にしました。よかったら参考にして下さい。

おすすめの銀行カードローン、人気一覧

 バンクイック
CMでもおなじみ、三菱東京UFJ銀行のカードローンです。銀行の圧倒的なブランド力・安心感で、利用者からも高い人気を誇っています。

人気の一つは、銀行カードローンの中でも屈指の低金利です。金利は1.8%から14.6%と、業界でも最低水準です。

早めにお借入したい人は、支店に設置されたテレビ窓口で契約する必要があります。ただし、テレビ窓口での契約の際には運転免許証が必要になります。
金利 借り入れ限度額 年齢
1.8~14.6% 500万円 満20歳以上65歳未満
即日融資 アピールポイント 収入証明書
運転免許証が必要 低金利 50万円を超える借り入れ
 三井住友銀行カードローン
三井住友銀行のカードローンです。銀行カードローンには珍しく、当行口座を持っていなくても口座開設が可能です。

三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、契約までの手続きがWEBで完結が可能で、来店不要でキャッシングもできます。

書類の受け取りも必要ないですし、ローン契約機まで行きたくない人にはおススメです。
金利 借り入れ限度額 年齢
4.0~14.5% 800万円 満20歳以上69歳以下
口座なしの利用 アピールポイント 収入証明書
可能(ローン契約機に行くこと) スマホ完結取引 50万円を超える借り入れ
 千葉銀行カードローン
千葉県周辺を基盤に持つ、千葉銀行のカードローンです。屈指の低金利に加えて、ネット完結にも対応しており魅力十分です。

難点は、東京・千葉・茨城・埼玉など、一部地域の方しか利用できない点です。また、即日キャッシングのためには、千葉銀のキャッシュカードを持っていること、平日午前中に申し込む必要があるなら、少し条件が厳しいです。
金利 借り入れ限度額 年齢
1.7~14.8% 800万円 満20歳以上満65歳未満
注意項目 アピールポイント 収入証明書
千葉銀キャッシュカードが必要 低金利 50万円を超える借り入れで必要
※「ご利用可能エリアをチェック」を参照ください。
 オリックス銀行カードローン
リース大手オリックスが提供するカードローンです。高ブランド力のあるカードローンで、高収入のサラリーマン・自営業者の方に向いています。

金利は1.7%~17.8%と、銀行カードローンの中でも低水準の金利です。一方で審査がやや厳しいため、パート・派遣の人には向いてないかもしれません。

一定以上の金額を低い金利で借りたい人向けのカードローンと言えます。
金利 借り入れ限度額 年齢
1.7~17.8% 最高800万円 満20歳以上満69歳未満
来店・口座開設 アピールポイント
不要 低金利サービス
 新生銀行カードローン レイク
新生銀行が運営するカードローンです。銀行カードローンには珍しく、消費者金融に負けない審査スピードなのが特徴です。

また、銀行カードローンで珍しく、(初回限定で)30日間無利息キャンペーンもやってます。新生銀行の口座を持っていなくてもカードローンは作れますし、使い勝手のよい銀行カードローンの一つです。
金利 借り入れ限度額 年齢
4.5~18.0% 500万円 満20歳~70歳(国内居住の方)
来店・口座開設 アピールポイント 収入証明書
不要 30日間利息ゼロ(初めての借り入れ) 50万円を超える借り入れ

銀行カードローン選び、その他の判断材料は?



先ほど、銀行カードローンを選ぶポイントとして、金利・即日キャッシング・口座をポイントして挙げました。ですが、それ以外に選ぶポイントはないのでしょうか?

来店不要(=スマホ完結)に対応

銀行カードローンの利用を考えている方の中には、来店不要で、つまりスマホ(ネット)完結でキャッシングしたい人もいるはずです。

この点、消費者金融に較べてサービスがやや遅れていますが、対応している銀行カードローンもあります。

下記の表は、申し込みからスマホ完結でキャッシングできる銀行カードローンと、その条件です。

銀行カードローン スマホ完結の条件 カード・書類の受け取り
三井住友銀行 銀行のキャッシュカード なし
千葉銀行 銀行のキャッシュカード あり
みずほ銀行 銀行のキャッシュカード あり
新生銀行カードローンレイク なし あり

ここで注意してほしいのは、「スマホ完結」の中身です。三井住友銀行カードローンは、カードや契約書類の受け取りもないので、本当の意味でスマホ(ネット)で全部完結します。

一方で、千葉銀行カードローン・みずほ銀行カードローン・新生銀行カードローン レイクは、後日カードと契約書類の受け取りが必要です。

こうして見ると、来店不要のサービスが一番充実しているのは三井住友銀行カードローンであることが分かります。


 おすすめの銀行カードローンは?

銀行カードローンは、やはりメガバンクが有利?

日本にはたくさんの銀行がある中で、やはり大手といえばメガバンクです。では、銀行カードローンでもメガバンクが有利なのでしょうか?

結論から言うと、メガバンクの方が有利と言えます。それは、運営する店舗数(に併設された自動契約機)にも関係してくるためです。


銀行カードローンでも来店不要で(つまり、ネット完結で)キャッシングに対応したサービスもありますが、対応する銀行が限られているか、ネット完結の条件が厳しい場合が多いです。


となるとネット(もしくはスマホ)で申し込みをした後、自動契約機まで行くというパターンが多いです。


この時、店舗数が多い銀行の方が有利なのは、言うまでもありません。

メガバンクのカードローンが地方銀行のカードローンに較べて、際立って条件が良いことはありません。ですが、店舗数つまり自動契約機の数が多いため、メガバンクのカードローンが有利なのは間違いありません。


ただし、みずほ銀行カードローンだけは別です。みずほ銀行の場合、ネットで申し込みをした後に書類が送付されるスタイルなので、店舗数の数が有利な材料にならないためです。

上のランキングで、バンクイックと三井住友銀行カードローンをおススメしてるのは、そうした理由もあります。


 おすすめの銀行カードローンは?

銀行カードローンの審査は、今後厳しくなる?

以下は、日刊工業新聞系のサイト(ニューススイッチ)からの引用です。

大手銀行、カードローン審査厳格化。次は地銀か
大手銀行がカードローンの自主規制の強化に乗り出している。みずほ銀行は融資額の上限を年収の3分の1に引き下げた。三菱東京UFJ銀行も上限の引き下げを検討している。三井住友銀行を含めメガ3行は、収入証明書の提出を求める基準を厳しくする。過剰融資の懸念に対応し、審査を厳格化する。


実は2017年に入ってから、銀行カードローンの審査・借り入れが厳しくなっています。具体的には、以下のような感じです。

・少ない借り入れでも、収入証明書の提出を求められる

・借り入れ上限が、年収の1/3程度まで抑えられる

・単純に借り入れ審査が厳しくなる



以前の銀行カードローンではなかったことで、現在はメガバンクだけの動きですが、今後は地方銀行のカードローンにも広まると思われます


銀行カードローン審査の厳格化が進む背景には、銀行カードローン利用者の急拡大があります。

実は銀行カードローンには、消費者金融と違って、収入証明書の提出や年収による借り入れ制限で、法律上の義務が存在しません。銀行が厳しい審査を行えば、法律上の義務は必要ないと考えられていたためです。


ですが実際は、銀行カードローンの利用残高が急拡大し、自己破産者も2016年に13年ぶりに増加に転じました。多重債務者は減少傾向にありますが、減少幅が少なってきています。

こうしたこともあり、銀行カードローンの審査は今後も厳しくなると予想されます。


銀行カードローンは低金利でもキャッシングできる、素晴らしいサービスではありますが、今後は利用できる人が限られてくることも予想されます。

銀行カードローンの審査に通らないという方は、消費者金融カードローンの利用を検討して見てもよいかもしれません。


 おすすめの銀行カードローンは?


検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング