おすすめの消費者金融カードローンを元銀行員が紹介します



実は世の中には、大手から中小まで数多くの消費者金融があります。ここでは、消費者金融カードローンの選び方や、おすすめの消費者金融をランキング形式で紹介します。

消費者金融選びで大事なのは、以下の3つです。

・大手から選ぶこと

・銀行系の方が有利

・即日に強いサービスは?



では、それぞれについて見ていきます。


大手から選ぶこと

消費者金融というと、テレビCMで見かけるプロミスやアコムを思い浮かべる方が多いと思います。ですが、詳しくは以下で紹介しますが、それ以外にも中小の消費者金融がたくさんあります。

では、大手と中小、どちらを選ぶべきでしょうか?結論から言えば、大手です。

顧客サービスなど、すべての面で大手が上



なんとなく大手だと動きが悪くて、中小の会社の方が小回りが利く、というイメージを持つ人もいるかもしれません。

ですが、消費者金融に限って言えば、大手の方が審査・契約スピードも早く、顧客対応も丁寧です。


キャッシングサービスの使い勝手も、大手の方が断然上です。消費者金融は、聞いたことのある大手ブランドに限定した方がよいでしょう。

厳しい取り立ては法律で禁じられているが・・

消費者金融というと、厳しい取り立てを想像する人もいるかもしれません。ですが、それは過去の話です。現在では法律(貸金業法)により、相手を脅すような取り立ては厳しく禁じられています。


ですので、大手消費者金融がそうした取り立てをすることは、まずありません。ですが、中小となると話は別です。中小の会社だと社員の教育が行き届かず、違法スレスレの取り立てを行うこともあります

中小の消費者金融を活用することはおススメできません。


銀行系が有利



一口に消費者金融と言っても、「銀行系」と「独立系」に分けられるのをご存じでしょうか?

銀行系というのは、その消費者金融がメガバンクのグループ会社となっていることを指します。以下は銀行系の消費者金融と、その系列です。

・プロミス・・・三井住友フィナンシャルグループ
・SMBCモビット・・・三井住友銀行グループ
・アコム・・・三菱UFJフィナンシャル・グループ



一方の「独立系」とは、こうした銀行のグループに入ってない会社を指します。大手でいえば、アイフルがそうですね。その他、中小の消費者金融は、ほぼ独立系と言って間違いないでしょう。


では、銀行系と独立系のどちらが良いかと言えば、これは文句なく銀行系と言えます。

銀行系ならではの安心感

先ほど、大手の会社を選ぶべきと説明しましたが、これは銀行系についても当てはまります。銀行のグループ会社であれば、社会的責任もあるため、ムチャな取り立てが行われる心配もありません。

銀行系の消費者金融と取引していれば、まず間違いないでしょう。


強いて独立系から1社選べと言われたら、大手のアイフルです。

プロミスなら、三井住友銀行の契約機も使える

プロミスだと、親会社である三井住友銀行のローン契約機が使えるのでメリットが大きいです。

なぜこれが便利かというと、三井住友銀行のローン契約機に入るところを家族や知人に見られても、それが消費者金融の申し込みとバレる心配がないからです。

周囲に知られずキャッシングしたいという人には、プロミスはおススメです。


即日に強いサービスは?

消費者金融カードローンを始めたいと思う人の中には、すぐにお金を借りたいと思う人も多いはずです。せっかく消費者金融を利用するからには、即日キャッシングに強いサービスを選びたいところです。

申し込み・契約の締め切り時間に注意!



まず、キャッシングの流れを確認しましょう。ネット(スマホ)で申し込みをして、必要書類を提出し、審査に通過した後に、お近くの自動契約機に行って契約を完了させ、キャッシングするという流れです。

この流れは、銀行カードローンでも同じです(ただし、銀行カードローンは審査・契約に時間が掛かります)。


即日キャッシングの場合でも流れは同じですが、ここでネックになるのが「申し込み時間」・「自動契約機に行く時間」です。

審査や自動契約機の営業時間は各社とも21時から22時までなので、あまり遅い時間の申し込みでは当日融資を受けることができないのです。


以下は、即日キャッシングをするための申し込みの締め切り時間、自動契約機に行く締め切り時間の表です。審査に通過しても、自動契約機に行くのが遅れたら当日契約ができないので、この点も注意が必要です。

申し込みの締め切り 契約の締め切り
プロミス 20時までの申し込み 22時までの契約(一部21時)
SMBCモビット 19時までの申し込み 21時までの契約
アコム 20時までの申し込み 22時までの契約
アイフル 20時までの申し込み 22時までの契約

こうして見ると、遅い時間まで対応しているのがプロミスとアコムということが分かります。

なお、来店不要で(ネット完結で)即日キャッシングすることも可能ですが、さらに条件が厳しくなります。こちらは、後ほど詳しく説明します。

店舗数が多いほど便利

キャッシングには自動契約機まで行く必要があるので、契約機の数が多い消費者金融ほど即日キャッシングにも有利です。

消費者金融各社とも、自動契約機の数は公表していないのですが、大体の数は分かっています。

・プロミス・・・1,800台以上
・アコム・・・1,000台以上
・アイフル・・・800台以上
・レイク・ノーローン・・・700台以上



こうして見ると、プロミスの自動契約機が突出して多いことが分かります。上でも触れましたが、プロミスの場合は自社の契約機だけでなく、三井住友銀行のローン契約機でも契約できるためです。


以上から、即日キャッシングに最も強いのはプロミスであることが分かります。


消費者金融カードローンのおすすめランキング

プロミス
プロミス
消費者金融大手のプロミスです。三井住友フィナンシャルグループだけあり、使い勝手のよいサービスが魅力です。

大手銀行を振替口座に指定すれば、スマホ完結のキャッシングも可能です(カード・郵便物なし)。平日14時までに契約完了すれば、来店不要の即日キャッシングも可能です。

14時までの契約に間に合わない人は、お近くの自動契約機で契約すれば当日借り入れも可能です。自動契約機の数は業界トップのため、行きやすいのも利点です。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
4.5%~17.8% 500万円 30日間の無利息サービス※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
SMBCモビット
三井住友銀行グループのSMBCモビットです。最大の特徴は、勤務先への電話連絡をなしにできる「WEB完結申込」です。来店不要で郵便物もないので好評です。

ただし、当日キャッシングのためには平日14時50分までの振込が必要です。

自動契約機まで行ける方は、21時までに契約ができれば即日キャッシングに対応しています。土日祝日のキャッシングを希望の方も、審査通過後に自動契約機まで行く必要があります。

また、「スマホATM取引」ならカードなしで、セブンATMでキャッシングできるので大変便利です。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

金利 借り入れ限度額 アピールポイント
3.0%~18.0% 800万円 勤務先への電話連絡なし可
アコム
アコム
CMでもおなじみ、消費者金融大手のアコムです(三菱UFJフィナンシャルグループ)。

平日14時までに申し込みを完了させていれば、来店不要での即日キャッシングにも対応可能です。後日、ローンカードと契約書類が自宅に送付されます。

土日祝日にキャッシングしたい人は、審査通過後に自動契約機で契約する必要があります。営業時間は22時までなのでご注意ください。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
3.0%~18.0% 800万円 30日間無利息キャンペーン
アイフル
アイフル
独立系の消費者金融大手アイフルです。テレビCMを見かけた人も多いはずです。

来店不要で即日キャッシングするためには、審査通過後、平日14時10分までに送金手続きを電話でする必要があります。契約書類とローンカードは1週間後に、自宅に送付されます(社名は記載されていません)。

自宅への送付物が困るという方は、審査通過後に自動契約機まで行くとよいでしょう。自動契約機は22時まで営業しているので、少しお時間の申し込みでも対応しています。土日祝日のキャッシング希望の人も、自動契約機まで行く必要があります。
金利 借り入れ限度額 アピールポイント
4.5%~18.0% 500万円 30日間利息0円サービス


消費者金融の金利はどうなってる?

カードローンを利用する方なら、誰だって金利が気になるはずです。ここでは、消費者金融の金利を紹介します。

以下は大手消費者金融の、金利と借り入れ限度額の表になります。

金利 借入上限金
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
アコム 3.0%~18.0% 500万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円

こうして見ると、下限金利は3.0~4.5%、上限は17.8~18%であることが分かります。

この下限金利だけを見て、「なんだ、消費者金融も銀行カードローン並みに金利が低いんだ!」と勘違いする人もいるかもしれませんが、それほど単純な話ではありません。

比較すべきは上限金利

消費者金融カードローンでも銀行カードローンでも、金利水準は利用者の借入額や、取引の長さ、信用力などで決まります。借入額が多いほど金利は下がるし、取引が長くなるほど金利が下がりやすくなります。


逆に初めてそのカードローンを利用する人は、取引の長さはゼロだし、借入金額も多くないはずです。となると、上の表にある下限金利でカードローンを利用できる可能性は、まずないと言ってよいでしょう。


つまり、消費者金融カードローンの金利を比較するにあたって、見るべきは下限金利ではなく上限金利です。そうして見ると、各社とも金利条件でそれほど差がないことが分かります。

消費者金融選びで金利は、あまり重要な要素ではないようです。


ネット(スマホ)完結したい人へ

通常は自動契約機まで行くことでキャッシングできますが、ネットやスマホ取引だけでキャッシングすることも可能です。

消費者金融は銀行カードローンよりも、このネット(スマホ)完結サービスが充実しています。ですがそれでも、条件は少し厳しいです。

通常のキャッシングよりも条件が厳しい

ネット完結取引きのタイプ 条件
プロミス 完全ネット完結 特定銀行で口座振替を選択
SMBCモビット 完全ネット完結 特定の銀行口座をもっていること
社会保険証か組合保険証をもっていること
アコム カード・書類の受け取りあり 契約後に電話で送金依頼の場合あり
アイフル カード・書類の受け取りあり 契約後に電話で送金依頼

上の表は、大手消費者金融でネット(スマホ)完結でキャッシングをするための条件です。

こうして見ると、特定の銀行を振替口座にする必要があるのが分かります。この対応する銀行は各社によって違いますが、一番多くの銀行に対応しているのがプロミスです。


またネット(スマホ)完結といっても、実は2タイプに分けられます。一つは後日、自宅に契約書類とローンカードが送付されるタイプです。

郵便物に社名は記載されていませんが、人によって嫌がるかもしれません。このタイプは、アコムとアイフルです。


一方で完全ネット(スマホ)完結なのが、プロミスとSMBCモビットです。こちらは完全にネット(スマホ)だけで取引が完結し、書類やカードの受け取りもありません。


即日キャッシングをしたい方へ

カードローンで即日融資を受けるためには自動契約機で契約する方法と、ネット(スマホ)上で契約する方法の2種類があります。

即日キャッシングのための条件は、2つの場合で違います。

自動契約機は遅い時間まで対応

先ほども紹介しましたが、以下は即日キャッシングをするために、自動契約機で契約するための締め切り条件の表です。

申し込みの締め切り 契約の締め切り
プロミス 20時までの申し込み 22時までの契約(一部21時)
SMBCモビット 19時までの申し込み 21時までの契約
アコム 20時までの申し込み 22時までの契約
アイフル 20時までの申し込み 22時までの契約

このように、比較的遅い時間の(ネット)申し込みでも即日融資に対応しているのが利点と言えます。また、ローンカードと契約書類をその場で受け取れるので、家族にバレづらいというのも利点です。


一方で自動契約機のある場所まで、わざわざ行く必要があるのを面倒に感じる人がいるかもしれません。また、自動契約機に入るところを知人に見られるリスクもゼロではありません。

スマホ完結は条件が厳しい

以下は、ネット(スマホ)完結で即日キャッシングするための、条件表です。

ネット完結の条件 締め切り時間
プロミス 「web完結」で申し込む
(特定銀行の口座振替が必要)
平日14時までに契約を完了させる
(一部の銀行なら20時申し込みも可)
SMBCモビット 「web完結申込」で申し込む
(特定の銀行口座を持っている
社会保険証か組合保険証を持っている)
14時までに申し込みを完了させる
アコム 契約後、送金の依頼をする
(または電話で送金依頼)
14時までに申し込みを完了させる
(一部の銀行なら17時申し込みも可)
アイフル 契約後、送金の依頼をする 13時までに申し込みを完了させる

こうして見ると、自動契約機に較べて締め切り時間が厳しいことが分かります。これに加えて、スマホ完結をするために振込口座の銀行指定もあり、少しハードルは高めです。

一方で、わざわざ自動契約機まで行く必要がないし、郵便物のないタイプなら家族にカードローンのことががバレにくい利点はあります。


家族にバレずに借りたい方へ

消費者金融カードローンは便利なキャッシングサービスですが、できるだけ家族や知人、会社同僚に知られたくないという方も多いはずです。

ここでは、周囲からカードローンの利用がバレないための対策について紹介します。

自宅への郵便物が嫌な方は?

消費者金融の郵便物に社名が記載されてることはないので、自宅に届いても、家族にばれる心配は少ないでしょう(中身を勝手に開封されない限り)。

ただ、自宅への郵便物はどうしても嫌だ、という人もいるはずです。そんな方は、自動契約機で契約することをおススメします。


自動契約機で契約すれば、ローンカードと契約書類を受け取れるからです。手順はネットで申し込みをして、審査通過後に近くの自動契約機に行くとよいでしょう。

ちなみに、プロミスやSMBCモビットのネット完結取引を使えば、自宅への送付物をなしにできます。

自動契約機に入るところを人に見られたくない人は?

自動契約機に行くのが嫌な人は、ネット完結取引を使うとよいでしょう。

ただし、アコムやアイフルだと自宅への郵送物があるので、その点は気を付けてください。

在籍確認が嫌な方は?

カードローンの審査では、勤務先への在籍確認の電話がいきます。この電話は原則、省略することができません。

ただし、カードローン担当者にお願いをすれば、追加で書類を提出することで、在籍確認を省略できる場合があります。信用力(年収など)が比較的高い人だけの話ですが、気になる方は担当者に相談してみてもよいでしょう。


そのほか、SMBCモビットの「Web完結申込」を使えば勤務先への電話連絡をなしにできます。申し込みには、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行を振込口座に指定すること、社会保険証(もしくは組合保険証)を持っていることが条件です。

 おすすめの消費者金融カードローンは?


検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング