カードローンの借金は時効になったら返済しなくていいの?

カードローンの返済ができなくなり、長く滞納しているとどうなるのか、疑問に思ったことはありまえせんか?借金が時効でチャラになったという話を、聞いたことがある人もいるかもしれません。


ですが、同じようにカードローンの借金も、時効でチャラになるのでしょうか?チャラになるとしたら、その条件はなんでしょうか。

ここでは、カードローンの時効が成立する条件について見ていきます。


カードローンに時効はある?



カードローンの返済ができずそのまま延滞していると、「時効」になります。時効とは、ある一定の期間が過ぎると、その権利が失われることをいいます。つまり時効になれば、借主は借金を返す義務がなくなります。


とはいえ、時効を成立させるには条件があるので、誰でも時効になるわけではありません。

時効が成立する期間はどのくらい?

銀行や消費者金融から借りた場合は5年、信用金庫や個人から借りた場合は10年が時効の成立するための期間となります。


ここで疑問なのが、「いつからスタートして5年なのか?」ということです。これは原則として、返済を行った最終日の翌日から5年経過することが条件です。

時効を成立させるには手続きが必要

上で書いたように、カードローンの借入には時効があります。しかし、期間を過ぎただけでは、時効が成立したことにはなりません。


時効を成立させるには、債務者(つまりキャッシングした人)は「時効の援用」を行う必要があります。時効の援用とは、時効を主張する行為のこといいます。内容証明郵便を債権者に送り、時効が成立したことを伝えます。


ですので、時効期間になっても手続きをしないと、時効が成立したと法的には認められません。


時効は中断することもある?

先ほど5~10年が時効の成立するための期間と説明しました。ですが実は、時効は中断させることもできます。


例えば、4年経過してあと1年で時効が成立という場合でも、そこから時効が中断すれば期間はリセットされ、そこから5年待つ必要があります。


このように、時効の期間がリセットされることを「時効の中断」といいます。


つまり、何事もなく5年間時効を待つというのは難しく、簡単に時効に持って行くことができません。


以下では、どのような場合に時効の中断になるのか紹介します。

借金があることを認める



時効の中断で多いケースとして、「借金があることを認める」ことです。借金があることを認めてしまうと、時効期間はリセットされます。


借金を認める行為として特に多いのが、返済です。一部でも借金を返済すれば、借入をしていたことを認めたことになります。


例えば、銀行や消費者金融から「少額でいいので返済してほしい」と言われ、少額ならと返済してしまうと時効は中断します。


また、「返済してほしい」と電話があり、「もう少し待ってほしい」「必ず払うから」など言うのも、借金をしていると認めたことになります。


他にも、時効成立後でも借金を認める・借金の返済をすると、時効の援用はなかったことになり、時効の期間はリセットされ振り出しに戻ることになります。

借主に返済するよう裁判所に訴える

借主がなかなか借金を返さないと、銀行や消費者金融は内容証明郵便を送って訴訟の手続きを行います。


裁判所以外の電話やハガキなどでは、時効の中断はできません。ですが内容証明郵便なら、時効を半年間だけ停止することができます。


これを繰り返して時効を停止させ続ければ、時効の成立を防ぎ5年間を過ぎても支払いの義務は継続することになります。


また、時効が半年間停止している間に裁判を起こせば、裁判外で請求した時点から時効が中断されます。

差押えを受ける

貸主(銀行や消費者金融)は裁判所に借主の給与の差押えを、依頼することができます。給与を差押さえられれば、時効期間はリセットされます。


また、差押えの内容は裁判所から職場にも知らせが来るので、上司や同僚にも借金があることがバレてしまいます。


給与を差押えられるだけでなく、勤務先に借金をしていることがバレるのは困りますよね。


簡単に時効は成立できない



実際に時効に持ち込もうとしても、簡単に成立させることはできません。先ほども書いたように、5年間何事もなく過ごすのは大変難しいです。


なぜなら、銀行や消費者金融が時効にさせないように、手を打ってくるからです。

銀行や消費者金融が色んな手で阻止してくる

借金の返済が行われないと、銀行や消費者金融は催促の電話や督促状を送るなど、色々な方法で借金の請求をしてきます。


それでも返済がない場合は、裁判所から通知が届き最終手段として法的な回収が行われます。(場合によっては、債権回収会社に委託することもあります)


万一時効が成立したら、銀行や消費者金融からしたら貸しているお金が丸々損失になります。v時効を成立させないよう、色々な手を使って阻止してきます。


時効で支払いをせずに済んだ、というケースもまれにありますが、金融機関もプロです。そのような(借り手にとっての)幸運が起きることはまずない、と思って下さい。

時効が成立できないと借金が・・・

上で書いたように、時効に持ち込むことはまず無理と考えて下さい。ですので、時効成立を狙っても、今まで滞納していた借金の利息や遅延損害金が膨らむだけで、かなり苦しい立場に追い込まれることになります。


カードローンの時効成立を狙うのは危険なだけです。

計画的に返済することが大事

時効が来るのを待って、借金をチャラにしようと考えるのではなく、借りたらきちんと返すのが当たり前です。キャッシングをする段階から返済計画を立てた上で、カードローンを利用することをオススメします。


どうしても返済が難しい、期日を過ぎてしまうのであれば、事前に担当者に連絡を入れるようにしましょう。遅れることを正直に話して返済する意思があることを伝えれば、催促の電話もかかってきません。


そのままにしておいては後で自分が苦しむだけなので、どうしたらいいのかを考えて対処するようにしましょう。


カードローンの借金は時効になったら返済しなくていいの?のまとめ

  • カードローンのも時効があり、銀行や消費者金融なら5年間で時効になる
  • 何事もなく5年間を過ごせたとしても、「時効の援用」の手続きをしないと時効成立とはならない
  • 借金をしていることを認めてしまったり、給与の差押えをされてしまうと時効は中断する
  • カードローンの時効を成立させるのは、現実には極めて難しい
  • 時効に持ち込もうとせず、借りたお金はきちんと返済するように計画を立てる


人気のカードローンは?





検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。

人気ランキング