みずほ銀行カードローンでお金を借りるには?

みずほ銀行カードローン 大手メガバンクの一角、みずほ銀行が発行するカードローンです。


メガバンクならではの安心感があるのはもちろんですが、ネット(スマホ)完結申し込みにも対応していて、大手銀行のカードローンの割に使いやすいのが特徴です。


また、2つのプランを用意しており、高収入の方なら低金利でカードローンが利用できるのも、他の銀行カードローンにはない特徴です。


ここでは、みずほ銀行カードローンの魅力や、申し込みの流れについて見ていきます。

みずほ銀行カードローンのスペック

貸付条件

<コンフォートプラン>

実質年率 借り入れ限度額 審査
4.0~14.0% 10~1000万円 最短即日
融資 Web完結取引 サービス
最短即日 一部対応 住宅ローン利用者は金利優遇

<エグゼクティブプラン>

実質年率 借り入れ限度額 審査
3.5~7.0% 200~1000万円 最短即日
融資 Web完結取引 サービス
最短即日 一部対応 住宅ローン利用者は金利優遇

申し込み資格

・ ご契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の人
・ 保証会社の保証を受けられる人
・ 原則安定かつ継続した収入の見込める人



年齢は大丈夫ですね。2番目の保証会社ですが、みずほ銀行が指定する保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)の審査にも通過する必要があります。といっても、審査はみずほ銀行カードローンの審査と同じタイミングで行われます。


3番目ですが、単発のバイトしかしていない人や無職の人は対象外になります。ただし、専業主婦の方なら配偶者(つまり夫)が安定した高収入であることを条件に、30万円までなら借り入れが可能です。

また、外国人の方は永住許可を受けていることが条件になります。

用意する必要書類

・本人確認書類のコピー
以下のどれかを用意する必要があります。ただし、借り入れ希望金額が200万円以下で、みずほ銀行の口座(キャッシュカード)を持っている人は用意する必要がありません

ⅰ)運転免許証
ⅱ)運転経歴証明書
ⅲ)パスポート(写真およびご住所のページ)
ⅳ)各種健康保険証(被保険者) など


・収入証明書のコピー
利用限度額が200万円を超える人は必要になります。

ⅰ)源泉徴収票
ⅱ)住民税決定通知書または課税証明書
ⅲ)納税証明書(その1・その2)


みずほ銀行カードローンの魅力は?

ここでは、他の銀行カードローンにはない、みずほ銀行カードローンだけの魅力について紹介します。

低金利のエグゼクティブプランを用意

みずほ銀行カードローンは、2種類のプランを用意している珍しいカードローンです。

エグゼクティブプランを適用された人は、上限金利7.0%という、かなりの低金利でキャッシングができるようになります。低金利と言われる銀行カードローンの中でも、さらに低い金利水準です。

ただし、注意点が二つあります。


一つは、低金利だけあって審査がそれなりに厳しいことです。プランの選択は利用者自身で選ぶことができず、みずほ銀行側が決めることになります。エグゼクティブプランを選択できなかった人は、コンフォートプランを選ぶことになります。


エグゼクティブプランの注意点の2つ目は、利用限度額が最低でも200万円ということです。借り過ぎるのが怖いなら、利用限度額は50万円程度にしたい、という人には向いてないかもしれません。

住宅ローン利用者なら金利が0.5%下がる

これも大手銀行のカードローンでは珍しいのですが、みずほ銀行の住宅ローンを利用している人なら、カードローン金利が0.5%だけマイナスになります。たとえば、コンフォートプランの上限金利は14%ですが、住宅ローンの適用を受けると金利は上限でも13.5%になります。

もちろん誰でも利用できる訳ではありませんが、こういうサービスがあることは知っておくとよいでしょう。

ネット(スマホ)完結のキャッシングが可能

銀行カードローンではネット(スマホ)完結に対応していない銀行が多く、銀行支店内の自動契約機まで契約に行かなくてはいけないパターンが多いです。

一方でみずほ銀行カードローンは、ネット(スマホ)完結でキャッシングまで対応した数少ない銀行カードローンの一つです。


契約の1週間後に自宅に契約書類が送付されますが、カードローンの名前は一切書かれていないので、家族にバレる心配もありません(郵便物の中身を見られない限りは)。

本人確認書類を用意する必要なし(キャッシュカードを持っているなら)

みずほ銀行の口座(キャッシュカード)を持っている方で、借り入れ希望金額が200万円以下の人限定ですが、本人確認書類の用意が必要ありません。

用意にそれほど時間がかかる訳ではありませんが、手軽に申し込みができるのは嬉しいですよね。

専業主婦でも利用できる

ご存じの通り、総量規制のために専業主婦は消費者金融を利用できません。銀行カードローンでも、専業主婦に対応してない銀行がほとんどです。

ですが、そうした数少ない例外の一つがみずほ銀行カードローンです。先ほども書いた通り、配偶者に安定収入がある人に限り、専業主婦でも30万円までキャッシングが可能です。

注意点はないの?

ここまで、みずほ銀行カードローンの良い点ばかり取り上げてきました。では、注意すべき点はないでしょうか?

デメリットとして、みずほ銀行の口座を持っていないと申し込みしづらいことが挙げられます。みずほ銀行の口座を持っていない人は、カードローンの申し込みと同時に口座開設をする必要があります。このため、カードローンを利用できるまで1週間ていどかかります。

みずほ銀行の口座を持っていない方は、別の銀行カードローンの方がよいかもしれません。



みずほ銀行カードローンの申し込みの流れ

ここでは、みずほ銀行カードローンの申し込みからキャッシングまでの流れを説明します。ここでは、みずほ銀行の口座を持っている人限定で説明します。

1.ネット(スマホ)からの申し込み

このページから、みずほ銀行カードローンの公式HPへのリンクがありますので、そちらに飛んでください。

以下のような申し込みボタンがあるので、口座をお持ちの赤いボタンから進んでください。



契約内容を確認の上、先に進みます。そのあとの注意点として、以下のような選択画面に行きます。



Aは借り入れ希望金額が200万円以下の方。本人確認書類と収入証明書の提出が必要ありません。Bは、200万円を超える借り入れを希望の方。本人確認書類と収入証明書の提出が必要になります。

よく選んで選択して下さい。

2.審査・在籍確認

申し込みが完了すると、みずほ銀行カードローンの審査が始まります。審査の一環で、勤務先に在籍確認の電話がいきます。ただし、電話の相手は個人名か「みずほ銀行」の名前を出すだけで、カードローンの審査であることは話しません。


会社の同僚にカードローンのことがバレる心配はないでしょう。

3.(審査に通過後)必要書類の提出

審査結果の連絡が、電話かメールで来ます。ここで審査に通過していれば、次の手続きに進めます。借入希望額が200万円を超える人は、本人確認書類と収入証明書のコピーを提出する必要があります。

パソコンやスマホでコピーを送付して下さい。

4.カードローン口座開設の連絡(キャッシング)

手続きがすべて完了すると、カードローン開設の連絡が来ます。これで、みずほ銀行カードローンが利用できるようになります。

みずほ銀行のキャッシュカードが、ローンカードと兼用になります。みずほ銀行のATMやコンビニATMで、キャッシングができるようになります。

5.契約書類が自宅に届く

カードローン開設から1週間後くらいに、自宅に郵便物が送付されます。郵便物は親展で届き、カードローンなどが郵便物に記載されてはいませんので、家族にバレる心配はないです。

なお、この郵便物の受け取りをいつまでもしないと、カードローンの契約を打ち切られることもあるので、ご注意ください。


みずほ銀行カードローンで即日キャッシングするには?

ここでは、みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるための条件について説明します。

即日融資のためには、午前中の申し込みを!

キャッシング即日の場合、申し込み時間がキモになることが多いです。この点、何時までに申し込みをすれば即日キャッシングができるか、みずほ銀行カードローンのサポートセンターに電話で確認しましたが、「できるだけ早く!午前中の申し込みを!」以上の回答は引き出せませんでした。

みずほ銀行カードローンの場合、ローン契約機に行く必要がないので、もう少し遅い時間でも大丈夫な気もしますが、即日キャッシングの確率を少しでも上げたいなら、午前中に申し込んだ方がよさそうです。

土日祝日には対応していない

みずほ銀行カードローンは、平日のみの対応で土日祝日は対応していません。平日まで待つか、他の(土日祝日も対応している)銀行カードローンに申し込むとよいでしょう。



検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。