【低金利カードローン】元銀行員がおすすめを紹介します!

カードローンには、実に多くの種類がありますが、見かけ上、低金利のカードローンが実際に低金利でキャッシングできるとは限りません

ここでは、低金利カードローンの選び方と、おすすめの低金利カードローンを紹介します。

大手カードローンの金利を紹介

以下の表は、大手カードローンの金利と借り入れ限度額の一覧です。カードローンは数が多いので、大手だけに限定しています。

銀行カードローン 金利 借入限度額
三井住友銀行 4.0~14.5% 800万円
三菱東京UFJ銀行(バンクイック) 1.8~14.6% 500万円
みずほ銀行(エクゼクティブプラン) 3.5~7.5% 1000万円
みずほ銀行(コンフォートプラン) 4.0~14.5% 1000万円
新生銀行カードローンレイク 4.5~18.0% 500万円
静岡銀行(セレカ) 4.0~14.5% 500万円
千葉銀行 4.3~14.8% 500万円
じぶん銀行 2.2~17.5% 800万円
りそな銀行(クイックカードローン) 9.0~12.4% 200万円
りそな銀行(プレミアムカードローン) 3.5~12.4% 800万円
横浜銀行 1.9~14.6% 1000万円
オリックス銀行 1.7~17.8% 800万円
楽天銀行 1.9~14.5% 800万円
消費者金融カードローン 金利 借入限度額
プロミス 4.5~17.8% 500万円
モビット 3.0~18.0% 800万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円

こうして見ると、どこのカードローンも一定の幅に収まっていることが分かります。どんなに低い金利でも1.7%、高くても18.0%であることが分かります。

では、この中で一番低い金利のカードローンを選べばよいかと言えば、それほど単純な話ではありません

下限金利だけを見てはダメ!

たとえば大手カードローンの一つ、バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)の金利水準は1.8%から14.6%と幅があります。では、誰でも1.8%でキャッシングできるかと言えば、そんなことはありません。

下記の表は、バンクイックが公表している金利水準です。詳しくは改めて説明しますが、カードローンの金利は借入金額によって変動します

利用限度額 金利
500万円以下400万円超 年1.8%~年6.1%
400万円以下300万円超 年6.1%~年7.6%
300万円以下200万円超 年7.6%~年10.6%
200万円以下100万円超 年10.6%~年13.6%
100万円以下10万円以上 年13.6%~年14.6%

仮に借入希望額が50万円だったら、金利は13.6%から14.6%であることが分かります。これはバンクイックだけでなく、どこのカードローンでも借入額(正確には借り入れ限度額)によって金利が変わってきます。


つまり、カードローンの金利を比較する上で下限金利を見ても、あまり意味がありません。見るべきは上限金利ということになります。

選ぶなら銀行系カードローン

カードローンと一口に行っても、銀行系と消費者金融系の2つに分けることができます。では、低金利でキャッシングしたいなら、どちらのカードローンを選ぶべきでしょうか?

これは明らかに銀行系のカードローンを選ぶべきです。消費者金融カードローンは、審査スピードが早く、即日キャッシングしたい人にはおススメです。ですが、金利は上の表でも見た通り、やや高めなのが難点です。


ですので、低金利カードローンを選ぶなら、銀行カードローンから選ぶべきです。とはいえ、銀行カードローンも銀行の数ほど種類があり、選ぶのが一苦労です。

そこで以下では、低金利で使いやすいカードローンを、ランキング形式で紹介します。


使いやすい低金利カードローン、おすすめランキング

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行のカードローンです。上限金利が14.5%と、かなりの低水準です

三井住友銀行の口座(キャッシュカード)をお持ちの方なら、来店不要のキャッシングにも対応してます。口座を持ってない方でも、審査通過後にローン契約機まで行けば契約が可能です。
金利 借り入れ限度額 年齢
4.0~14.5% 800万円 満20歳以上69歳以下
千葉銀行カードローン
千葉銀行は地方銀行であるものの、千葉銀行カードローンはかなりの低金利をウリにしています

ネット(スマホ)からの申し込みでキャッシングもでき、利便性も十分です。

難点は、東京・千葉・茨城・埼玉など、一部地域の方しか利用できない点です。また、千葉銀のキャッシュカードを持っていることも条件です。
金利 借り入れ限度額 年齢
1.7~14.8% 800万円 満20歳以上満65歳未満
オリックス銀行カードローン
オリックス銀行のカードローンです。16年12月に金利が改定され、下限金利が1.7%となり業界最低水準になりました。

銀行カードローンには珍しく、ネットの振込サービスが充実しているのが特徴です。また、ローンカードをコンビニATMで使っても手数料が掛からないのも、お得なポイントです。
金利 借り入れ限度額 年齢
1.7~17.8% 800万円 満20歳以上69歳未満
みずほ銀行カードローン
みずほ銀行のカードローンです。2つのプランを用意しており、「エグゼクティブプラン」なら上限金利7.0%という低金利でのキャッシングも可能です。

悩ましいのは、2つのプランのどちらかは銀行の審査で決まることです。低金利でキャッシングするには、相当の信用力が必要になります。また申し込みには、みずほ銀行の口座が必要になるので、その点もご注意ください。
金利 借り入れ限度額 年齢
4.0~14.0%
(※3.5~7.0%)
1000万円 満20歳以上満66歳未満
即日融資 アピールポイント 収入証明書

低金利カードローンで、知っておきたい点は?

先ほどは、低金利カードローンの選び方を紹介しました。ここでは、低金利カードローンを利用する上で知っておきたい点、金利を少しでも下げる方法などを紹介します。

金利が低くなるほど、審査も厳しくなる

先ほど、カードローン金利を比較するなら上限金利を見るべき、と紹介しました。では、数あるカードローンの中で上限金利が最も低い金利が一番おすすめのカードローンかというと、そうとも言い切れません

というのも、そうした低金利のカードローンほど、審査も厳しくなるためです。その一例として、みずほ銀行カードローンの「エクゼクティブプラン」を紹介します。


みずほ銀行カードローンは、2つのプランを提供しています。その内、エグゼクティブプランなら金利3.5%から7.5%で、相当な低金利であることが分かります。

当然、誰だってエグゼクティブプランを利用したいでしょう。ですが、これがそれほど簡単ではありません。


みずほ銀行カードローンの申し込みをした時に、「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」のどちらか適用されます。

これは利用者が選択することはできず、銀行側が利用者の信用力に応じて決定します。つまり、エグゼクティブプランを利用するには銀行側の厳しい(内部)審査を通過する必要があります。


これは一例でして、金利が低いカードローンほど、高い年収やハイスペックな職業など、高い信用力が要求されます。ですので、金利が一番低いカードローンが、一番おすすめのカードローンとは必ずしも言えないのです。

上のランキングも、金利が低い割に審査が厳しすぎない銀行カードローンを紹介しています


借入金額を増やせば、金利を下げられる

少しでも金利の低いカードローンを選ぶのも大事ですが、それ以外にカードローン金利を下げる方法があります。それは、利用限度額を引き上げることです。

先ほどのバンクイックの金利表をもう一度確認しましょう。

利用限度額 金利
500万円以下400万円超 年1.8%~年6.1%
400万円以下300万円超 年6.1%~年7.6%
300万円以下200万円超 年7.6%~年10.6%
200万円以下100万円超 年10.6%~年13.6%
100万円以下10万円以上 年13.6%~年14.6%

このように、利用限度額を引き上げれれば適用金利は下がってきます。これはバンクイックだけでなく、ほかのカードローンでも同じです。では、(金利を下げるために)利用限度額を上げるには、どうすればよいでしょうか?

利用限度額を上げる方法1:長く取引する

一つは、問題なく(延滞などなく)長くカードローンを利用することです。一定の時期が来たら、カードローン会社の担当者から「限度額を上げませんか?」という連絡が入る場合があります。

ここで、利用限度額を上げれば金利が下がる場合があります。

ただし、限度額をどの程度上げたら、金利がどの程度下がるかは会社によって違いますので、気になる方は事前に担当者に確認することをおススメします。

利用限度額を上げる方法2:担当者にお願いする

もう一つは、こちらから利用限度額の引き上げをお願いすることです。限度額引き上げの審査を受けることになりますが、審査に通過すれば限度額が上がり、金利が下がる場合があります。


ただ、利用限度額を引き上げるということは、それだけキャッシングできるという意味でもあります。

いくら金利が下がっても借入額が多すぎると、後で返済に苦しむことになります。限度額の引き上げは、自分に無理のない範囲内で行いましょう。


キャンペーンで金利が下がることもある

これはどのカードローンでも行っている訳ではありませんが、金利の優遇キャンペーンを行っている銀行カードローンがあります。

たとえば、みずほ銀行で住宅ローンを利用している方は、銀行カードローンの金利が0.5%だけ下がるキャンペーンを行っています。


また、契約の翌月の利息を100%キャッシュバックするキャンペーンを行っている銀行カードローンもあります。

こうしたキャンペーンは期間限定の場合が多く、どこの銀行でも扱っている訳ではありません。とはいえ、一つの参考材料にはなるでしょう。

 おすすめの低金利カードローンはどれ?


借りる目的が決まってるなら、目的別ローンの方がよいかも

ここまで、低金利でカードローンを利用する上での注意点について見てきました。ですが、低金利でお金を借りたいと思ったらカードローン以外にも選択肢はあります。

金額が大きい住宅ローンは別として、他にも銀行では以下のような金融商品を用意しています。


・教育ローン・・・子供の教育資金
・マイカーローン・・・車の購入資金
・リフォームローン・・・家のリフォーム資金
・多目的ローン・・・いろんな目的に(ただし利用制限あり)



これらの融資商品は、どれもカードローンよりも低金利です。教育ローンなら金利4%程度、マイカーローンなら3%前後、リフォームローンなら2~3%、多目的ローンでも4~6%程度です。

もちろん銀行によって金利は多少違いますが、カードローンよりも低い金利水準なのは間違いありません。


低金利でお金を借りたいなら、こうした融資商品を利用できないか、一度検討してみてもよいでしょう。ただし、デメリットもあります。

デメリットの一つ目は、カードローンに較べて審査に時間が掛かることが多く、融資まで1~2週間程度かかる場合もあることです。


もう一つはお金の利用目的が限られることです。たとえば多目的ローンなら色んな目的でお金を使えそうですが、借り入れの返済資金や投資目的の資金に借りることはできません。

つまり、お金の使用目的で色々と文句を付けられる可能性がある、ということです。一方でカードローンでは、こうした面倒なことは言われません。

なので、目的別カードローンを利用するか低金利カードローンを利用するかは、場面ごとで考えた方がよさそうです。


低金利カードローンに向いてるのは、どんな人?

最後に、どんな方が低金利カードローンの利用に向いているか紹介します。

一言で言えば、高収入を稼ぐ正社員(できれば大企業)のサラリーマンやOLです。また、医者や公務員も対象になります。

先ほども書いた通り、カードローンは低金利になるほど審査が厳しくなり、信用力の高い人でないと審査に通りづらくなります。


パートや派遣社員など安定収入のある方なら、銀行カードローンでも利用は可能です。ただ審査に通るのは少額な利用限度額までで、どうしても金利も高くなりがちです。


融資する銀行としても、返済能力の高い人の方がリスクが低い分、低い金利での貸し出しが可能です。これが年収の高い正社員や医者・公務員が、低金利カードローンの対象になる理由です。

それ以外の方からすると不公平な話に聞こえるかもしれませんが、低金利カードローンを利用するのは、それほど簡単ではないことを知ってもらえたらと思います。

 おすすめの低金利カードローンはどれ?



検索
おすすめカードローン
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。