【低金利で選ぶ】元銀行員がカードローン上位15社を比較!

低金利,カードローン

カードローン利用者にとって、大きな負担となるのが利息です。

利息を抑えるためには、低金利の銀行カードローンを選ぶ必要があります。

ですが、見かけ上は低金利でも、実際に少ない利息で借りられるとは限りません。

さらに、金利が低い分だけ、別のデメリットがあるカードローンも存在します。

ここでは、低金利の銀行カードローンの選び方と、おすすめの低金利カードローンを紹介します。


低金利の銀行カードローン、選び方のポイントは?

一口に低金利カードローンと言っても、各社が提示する金利には幅があり(例:3.0%~15.0%)、選ぶのは簡単ではありません。

以下では、低金利カードローンを選ぶポイントを見ていきます。

みんな、どこを見てカードローンを選ぶ?

カードローンを選ぶ際、世間一般の人が最も重視するポイントは何でしょうか?

下のグラフは、借入先の金融機関を選ぶ上で最も重視するポイントについて、借入経験者に対して調査を行った結果を表したものです。

最も重視すること,調査結果
<出典>:銀行カードローンに関する消費者意識調査に関する報告‐全国銀行協会より作成


グラフから分かる通り、27.3%の人が「金利が低いこと」を最も重視すると回答しました。

この割合の大きさは、全項目で断トツの1位です。

金利で比べるなら「上限金利」が基準

カードローンを裏ぶ際に重要な「金利」ですが、比較にあたって、気を付けたいポイントがあります。

同じカードローンでも、借入枠の金額によって適用される金利帯が異なります。


例として、三菱UFJ銀行バンクイックの場合を見てみましょう。

借入枠(限度額) 金利(年率)
10万円以上100万円以下 年13.6%~14.6%
100万円超200万円以下 年10.6%~13.6%
200万円超300万円以下 年7.6%~10.6%
300万円超400万円以下 年6.1%~7.6%
400万円超500万円以下 年1.8%~6.1%

表から分かる通り、借入枠が大きくなるにつれて、カードローン金利は低くなります。

借入枠ごとの上限金利に注目すると、その違いは一目瞭然です。

借入枠ごとの上限金利

ただし初めて利用する場合、借入枠は100万円以下になるケースがほとんどです。

借入枠が100万以下だと、その会社の上限金利がほぼ適用されます。

<関連記事>:【元銀行員が解説】カードローン金利はどう決まる?利息の計算方法

銀行カードローンの金利で比較する場合、下限の金利ではなく上限金利に注目しましょう。

大手銀行カードローンの金利を比較してみた

ではここで、大手銀行カードローンの金利を、上限金利の低い順に比較します。

<大手銀行カードローン15社>

カードローン 金利(年率)
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
プレミアムコース
年1.59%~7.99%
りそなカードローン 年3.5%~12.475%
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8%
ソニー銀行カードローン 年2.5%~13.8%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
静岡銀行 セレカ 年4.0%~14.5%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5%
三菱UFJ銀行 バンクイック 年1.8%~14.6%
横浜銀行カードローン 年1.9%~14.6%
住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
スタンダードコース
8.99%~14.79%
千葉銀行カードローン 年1.7%~14.8%
常陽銀行カードローン キャッシュピット 年2.5%~14.8%
セブン銀行カードローン 年15.0%
じぶん銀行 じぶんローン 年2.2%~17.5%
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8%

こうして見ると、一口に銀行カードローンといっても、上限金利に違いがあることが分かります。

最も上限金利が低いのが住信SBIネット銀行(プレミアムコース)、最も上限金利が高いのがオリックス銀行です。


ちなみに、消費者金融の金利相場は以下の通りです。

<消費者金融カードローン>

カードローン 金利(年率)
プロミス 年4.5%~17.8%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%

上記は消費者金融の大手2社ですが、消費者金融の金利はどこも似たような金利帯です。

消費者金融に較べて、銀行カードローンの方が金利面で有利なことが分かります。

金利が低いカードローンは審査・条件も厳しい

上の表を見て、金利が一番低いカードローンを選べばよいや、と考えた人もいると思います。

ですが、カードローン選びは、それほど単純ではありません。


カードローンに限らず銀行ローン全部に言えることですが、金利が低くなるほど審査も厳しくなります。

たとえば住信SBIネット銀行カードローンには、プレミアムコース(上限金利7.99%)とスタンダードコース(上限金利14.79%)の2つがあります。


誰だってプレミアムコースで利用したいと思うはずですが、どちらのコースを適用するかはカードローン会社が決めます。

年収1000万円のエリートサラリーマンなら話は別ですが、収入が高くない平凡サラリーマンがプレミアムコースに選ばれる可能性は高くないでしょう。


次に上限金利の低い「りそなカードローン」についても、(収入のある)学生でも審査不可と条件は厳しめです。


低金利のカードローン選びでは、上限金利だけでなく、審査の厳しさも一緒に考える必要があります。

金利だけでカードローンを選ぶと、審査に通らず借入れできない、というリスクもあります

100万円を超える借入枠なら、上限金利も変わる

カードローンの金利選びでは、上限金利に注目すべきと説明しました。

ですが(おまとめ・借り換えなどで)100万を超える借入れを考えてるなら、話は違ってきます。


先ほどの比較表で、上限金利が最も高い銀行カードローンはオリックス銀行でした。

ところが、オリックス銀行カードローンで200万円ほど借りると、適用金利は5.0%~12.8%と、他行に較べてもかなりの低金利になります。


後ほど紹介する銀行カードローンの低金利ランキングでは、こうした点も加味してランク付けしてます。



低金利の銀行カードローンで注意すべき点は?

自分に合ったカードローンは見つけるためには、金利の低さを比較するだけでは不十分です。

ここでは、低金利のカードローンを利用する際、注意すべき点を解説します。

銀行カードローンは即日キャッシング不可

銀行カードローンは即日不可

現在、銀行カードローンは即日融資に対応していません。

銀行の審査の場合、反社チェック(申込者が反社会的勢力に該当しないことの確認)に時間がかかるためです。


銀行カードローンの審査回答は、最短でも翌日、長いと2週間程度かかります。

それに対して消費者金融なら、最短30分で審査結果が出て、当日中の借り入れが可能です。


即日での借り入れを希望する場合は、消費者金融を選ぶ必要があります。

<関連記事>:【元銀行員が解説】土日の即日融資カードローン、おすすめは?

低金利より無利息サービスの方がお得かも

一部の消費者金融では、一定期間の無利息サービスがあります。

たとえばプロミスなら、初めて利用する場合、最大30日間の利息が0円になります(注:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)。


借り入れのスタイルによりますが、無利息サービスを使えば、消費者金融でも、銀行カードローンよりもお得になる可能性があります。

以下の表は、30万円借りた時の利息を、低金利カードローンと無利息サービス利用とで比較したものです。


なお無利息サービスについては、初月分の金利が0円になると仮定して算出しました。

<借入金額:30万円、返済期間:6か月>
30万円借りた場合の利息(低金利カードローン)

<借入金額:30万円、返済期間:12か月>
30万円借りた場合の利息(無利息サービス)

表を見ると、6か月の借り入れであれば、消費者金融で無利息サービスを活用した方が、利息の総額は少なく済みます。

一方12か月の借り入れになると、低金利の銀行カードローンの方がお得です。


1回だけの借り入れで、短期間で返済できる予定ならば、無利息サービスがあるカードローンを検討しても良いでしょう。

ただし返済期間が短くなるほど、毎月の返済額が大きくなります。

<関連記事>:【元銀行員が解説】無利息期間のあるカードローンの選び方

借入期間が短い場合は、実は消費者金融の方がオトクだったりします

その銀行の口座を持ってます?

銀行カードローン選びで特に重要なのが、「その銀行の口座を持っているか?」です。

多くの銀行カードローンでは、その銀行の口座を持っていることをカードローン契約の条件に挙げている会社が多いのです。


たとえば(金利の低い)ソニー銀行やみずほ銀行は、普通預金口座の開設をカードローン利用の条件に挙げています。

イオン銀行は口座開設しなくてもカードローンの利用は可能ですが、申し込みから1週間程度かかり、使い勝手が良いとは言えません。


銀行カードローン選びでは、自分の取引銀行を確認した方がよいでしょう。

たとえば、みずほ銀行だと住宅ローンの利用があれば、カードローン金利を0.5%下げるといったサービスも提供しています。


ちなみに、三井住友銀行カードローンとバンクイックは、銀行口座がなくても最短翌営業日から利用が可能です。



元銀行員が選ぶ!低金利の銀行カードローン

バンクイック
バンクイック
金利が1.8%~14.6%と、大手銀行でも低い水準になっています。

スマホから申し込んだ後、ATMコーナー併設のテレビ窓口で契約手続きを行います。


テレビ窓口は他の手続きでも使うので、知り合いに見られても怪しまれません。

なお契約手続きには免許証が必要になるので、忘れず持参しましょう。
金利 借入限度額 年齢条件
年1.8%~14.6% 10万円~500万円 満20歳以上65歳未満
 オリックス銀行カードローン
上限金利こそ高いものの、借入額が100万円を超えると大幅に金利を下げることができます。

提携のコンビニATMが多く、手数料無料で入出金できるのは嬉しいポイントです。

また銀行カードローンには珍しく、ネット振込サービスが充実しています。

キャンペーンも積極的に行っているので、ぜひ確認してみてください。
金利 借入限度額 年齢条件
年1.7%~17.8% 10万円~800万円 満20歳以上69歳未満
 千葉銀行カードローン
千葉銀行カードローンも、低金利が魅力です。

既に千葉銀行の口座を持っていれば、WEB完結で申し込みから借り入れまでスムーズに手続きできます。

ただし地方銀行のため、千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川(一部地域)に在住・通勤している場合のみ利用可能です。
金利 借入限度額 年齢条件
年1.7%~14.8% 10万円~800万円 満20歳以上65歳未満
 横浜銀行カードローン
横浜銀行の最大の特徴が、借入限度額が最大1000万円までである点です。

これは消費者金融を含めても、最高水準の金額です。


また横浜銀行の口座を既に持っている人は、WEB完結で申し込みできます。

利用可能エリアは、神奈川・東京・群馬(前橋市、高崎市、桐生市)に限定されます。
金利(年率) 借入限度額 年齢条件
年1.9%~14.6% 10万円~1000万円 満20歳以上69歳以下


低金利カードローンといっても借り過ぎに注意

上では、おすすめの低金利カードローンを紹介しました。

ですが、いくら低金利でも借り過ぎたら、それだけ返済負担も重くなります。

金利だけでなく、借入額・返済期間にも気を付けるべき

金利が低い方が、返済負担が軽くなるように見えます。

ですが実際は金利だけでなく、借入額や返済期間によっても返済負担は変わってきます。


以下はバンクイックで、借入れ50万円・250万円で、返済シュミレーションをした結果です。

<借入れ50万円>
適用金利14.6%、返済期間40か月、毎月の返済15,861円、返済総額634,440円

<借入れ250万円>
適用金利10.6%、返済期間150か月、毎月の返済30,141円、返済総額4,521,150円


借入れを50万から250万へ5倍に増やしたものの、適用金利は4%下がっています。

では返済総額が5倍未満になるかと思いきや、逆に7倍強に増えています。


返済期間が大幅に増えたため、その分だけ返済総額も増えたのです。

金利は低い方がありがたいですが、借入額や返済期間にも気を付けるべきです。

金利が低いからと借り過ぎると、後で思わぬ返済負担に苦しむことになります

全国銀行協会も借り過ぎの注意を喚起



上の(やぼったい)動画は、全国銀行協会が銀行カードローン利用者に、借り過ぎをしないよう注意を促したテレビCMです。

<参考サイト>:カードローン 借りすぎに注意!!-全国銀行協会


実際、2017年に銀行カードローンの過剰融資(利用者からすると、過剰借入れ)が社会問題となりました。

一部の地方銀行では、年収と同じだけの額をカードローンで貸していました。


世間からの厳しい批判を受け、銀行カードローンの審査は以前に較べて、格段に厳しくなりました。

ですので、銀行カードローンで「借り過ぎる」のは、以前に較べて難しいでしょう(審査に通らないため)。


とはいえ、身の丈に合わない借入れをすると、後で返済に苦しむことになる点は同じです。

いくら低金利といっても、銀行カードローンの借入れは必要最低限の額に抑えましょう。

返済がキツイなら、おまとめローンも検討

借り過ぎで返済がキツくなったら、おまとめローン・借り換えローンを活用するのも一つの手です。

借入先が複数ある場合は、一本化することで適用金利を下げ、返済負担を軽くすることができます。


返済期間を延ばすと、却って利息が増えるため慎重に考える必要はありますが、返済が苦しい方は検討してみる価値はあります。

<関連記事>:【元銀行員が解説】おまとめローンでNGなこと・審査上の注意点

おまとめローンを活用すると、新規の借入れができなくなるので、その点もご注意ください


以上、低金利カードローンの選び方と、おすすめの低金利カードローンを紹介しました。

低金利カードローンでも、それぞれ特徴は異なります。

利用条件や利用方法なども比べて、自分に合ったカードローンを見つけてください。

 おすすめの低金利カードローンはどれ?



あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ


検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


カードローンのおすすめランキング