【元銀行員が解説】低金利カードローンのおすすめランキング

低金利,カードローン

カードローン利用者にとって、大きな負担となるのが利息です。

利息を抑えるためには、低金利のカードローンを選ぶ必要があります。


ですが、見かけ上は低金利でも、実際に少ない利息で借りられるとは限りません。

ここでは、低金利カードローンの選び方と、おすすめの低金利カードローンを紹介します。

低金利カードローン、選び方のポイントは?

一口に低金利カードローンと言っても、各社が提示する金利には幅があり(例:3.0%~15.0%)、選ぶのは簡単ではありません。

以下では、低金利カードローンを選ぶポイントを見ていきます。

みんな、どこを見てカードローンを選ぶ?

カードローンを選ぶ際、世間一般の人が最も重視するポイントは何でしょうか?

下のグラフは、借入先の金融機関を選ぶ上で最も重視するポイントについて、借入経験者に対して調査を行った結果を表したものです。

最も重視すること,調査結果
<出典>:銀行カードローンに関する消費者意識調査に関する報告‐全国銀行協会より作成


グラフから分かる通り、27.3%の人が「金利が低いこと」を最も重視すると回答しました。

この割合の大きさは、全項目で断トツの1位です。

金利で比べるなら「上限金利」が基準

カードローンを裏ぶ際に重要な「金利」ですが、比較にあたって、気を付けたいポイントがあります。

同じカードローンでも、借入枠の金額によって適用される金利帯が異なります。


例として、三菱UFJ銀行バンクイックの場合を見てみましょう。

借入枠(限度額) 金利(年率)
10万円以上100万円以下 年13.6%~14.6%
100万円超200万円以下 年10.6%~13.6%
200万円超300万円以下 年7.6%~10.6%
300万円超400万円以下 年6.1%~7.6%
400万円超500万円以下 年1.8%~6.1%

表から分かる通り、借入枠が大きくなるにつれて、金利は低くなります。

借入枠ごとの上限金利に注目すると、その違いは一目瞭然です。

借入枠ごとの上限金利

ただし初めて利用する場合、借入枠は100万円以下になるケースがほとんどです。

金利に関して言えば、ほぼ上限金利が適用されます。

金利で比較する場合、下限の金利ではなく上限金利を基準にしましょう

大手カードローンの金利を比べてみた!

ではここで、大手カードローンの金利を、一覧で比較してみましょう。

<銀行カードローン>

カードローン 金利(年率) 借入限度額
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 10万円~800万円
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5% 10万円~800万円
三菱UFJ銀行 バンクイック 年1.8%~14.6% 10万円~500万円
静岡銀行 セレカ 年4.0%~14.5% 10万円~500万円
横浜銀行カードローン 年1.9%~14.6% 10万円~1000万円
千葉銀行カードローン 年1.7%~14.8% 10万円~800万円
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~14.5% 10万円~800万円
じぶん銀行 じぶんローン 年2.2%~17.5% 10万円~800万円
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8% 10万円~800万円


<消費者金融カードローン>

カードローン 金利(年率) 借入限度額
プロミス 年4.5%~17.8% 1万円~500万円
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 1万円~800万円
アイフル 年3.0%~18.0% 1万円~800万円
アコム 年3.0%~18.0% 1万円~800万円

こうしてみると、銀行カードローンと消費者金融のそれぞれが、同じような金利帯になっています。

銀行カードローンの上限金利は15%、消費者金融は上限金利18%までがほとんどです。

低金利にこだわるなら銀行カードローン

上の表からも分かる通り、消費者金融に比べて、銀行カードローンの金利は低くなっています。

少しでも低い金利で借りたいなら、銀行カードローンを選びましょう。


ただし銀行カードローンは、金利が低い分、消費者金融と比べると審査は厳しめです。

金利が高いほど、支払総額は大きくなります。
支払の負担を軽くするには、金利が低いカードローンを選ぶのが一番です。


低金利カードローンで注意すべき点は?

自分に合ったカードローンは見つけるためには、基準金利の低さだけの比較では不十分です。

ここでは、低金利のカードローンを利用する際、注意すべき点を解説します。

銀行カードローンは即日キャッシング不可

銀行カードローンは即日不可

現在、銀行カードローンは即日融資に対応していません。

銀行の審査の場合、反社チェック(申込者が反社会的勢力に該当しないことの確認)に時間がかかるためです。


銀行カードローンの審査回答は、最短でも翌日、長いと2週間程度かかります。

それに対して消費者金融なら、最短30分で審査結果が出て、当日中の借り入れが可能です。


即日での借り入れを希望する場合は、消費者金融を選ぶ必要があります。

<関連記事>:【元銀行員が解説】土日の即日融資カードローン、おすすめは?

低金利より無利息サービスの方がお得かも

一部の消費者金融では、一定期間の無利息サービスがあります。

たとえばプロミスなら、初めて利用する場合、最大30日間の利息が0円になります。


借り入れのスタイルによりますが、無利息サービスを使えば、消費者金融でも、銀行カードローンよりもお得になる可能性があります。

以下の表は、30万円借りた時の利息を、低金利カードローンと無利息サービス利用とで比較したものです。


なお無利息サービスについては、初月分の金利が0円になると仮定して算出しました。


<借入金額:30万円、返済期間:6か月>
30万円借りた場合の利息(低金利カードローン)

<借入金額:30万円、返済期間:12か月>
30万円借りた場合の利息(無利息サービス)

表を見ると、6か月の借り入れであれば、消費者金融で無利息サービスを活用した方が、利息の総額は少なく済みます。

一方12か月の借り入れになると、低金利の銀行カードローンの方がお得です。


1回だけの借り入れで、短期間で返済できる予定ならば、無利息サービスがあるカードローンを検討しても良いでしょう。

ただし返済期間が短くなるほど、毎月の返済額が大きくなります。

毎月の返済を抑えたい場合は、金利が低い方が負担を軽くできます
<関連記事>:無利息期間のあるカードローンの注意点は?

金利は下がる可能性あり

金利は下がる可能性あり

先ほど述べた通り、初めての利用では、ほぼ上限金利が適用されます。

しかし場合によっては、金利を下げる事も可能です。


たとえば、借入枠を大きくする方法があります。

初めの借入枠が小さくても、きちんと返済して実績ができれば、あとから増枠が可能です。


場合によっては、カードローン会社から「増枠しませんか?」と案内が来るケースもあります。

また一部ですが、キャンペーンなどで、カードローンの金利を引き下げる銀行カードローンもあります。


みずほ銀行の場合、住宅ローンの利用があれば、カードローンの金利が0.5%下がります。

キャンペーンなどをうまく活用すれば、さらに低金利での借り入れが可能になります。

ただしキャンペーンは、期間限定であることが多い上に、行っている銀行は一部です。

検討している借入先でキャンペーンをやっているか、事前に確認しましょう


低金利カードローン、おすすめランキング

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、契約までの手続きがWEBで完結。

いつものキャッシュカードをローンカードとして兼用もできるので、来店不要。

三井住友銀行の普通口座がなくても、スマホで申し込み後に審査に通過すれば、契約機で契約・キャッシングが可能です。

ローン契約機の台数が多いのも魅力です。(全国に700台超)

契約機を利用する場合も、銀行内に設置された契約機なら安心して利用できます。
金利 借入限度額 年齢条件
年4.0%~14.5% 10~800万円 満20歳以上69歳以下
バンクイック
バンクイック
金利が1.8%~14.6%と、大手銀行でも低い水準になっています。

スマホから申し込んだ後、ATMコーナー併設のテレビ窓口で契約手続きを行います。


テレビ窓口は他の手続きでも使うので、知り合いに見られても怪しまれません。

なお契約手続きには免許証が必要になるので、忘れず持参しましょう。
金利 借入限度額 年齢条件
年1.8%~14.6% 10万円~500万円 満20歳以上65歳未満
 千葉銀行カードローン
千葉銀行カードローンも、低金利が魅力です。

既に千葉銀行の口座を持っていれば、WEB完結で申し込みから借り入れまでスムーズに手続きできます。


ただし地方銀行のため、千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川(一部地域)に在住・通勤している場合のみ利用可能です。
金利 借入限度額 年齢条件
年1.7%~14.8% 10万円~800万円 満20歳以上65歳未満
 横浜銀行カードローン
横浜銀行の最大の特徴が、借入限度額が最大1000万円までである点です。

これは消費者金融を含めても、最高水準の金額です。


また横浜銀行の口座を既に持っている人は、WEB完結で申し込みできます。

利用可能エリアは、神奈川・東京・群馬(前橋市、高崎市、桐生市)に限定されます。
金利(年率) 借入限度額 年齢条件
年1.9%~14.6% 10万円~1000万円 満20歳以上69歳以下
 オリックス銀行カードローン
下限金利が1.7%と、業界でも最低水準になっています。

提携のコンビニATMが多く、手数料無料で入出金できるのは嬉しいポイントです。

また銀行カードローンには珍しく、ネット振込サービスが充実しています。

キャンペーンも積極的に行っているので、ぜひ確認してみてください。
金利 借入限度額 年齢条件
年1.7%~17.8% 10万円~800万円 満20歳以上69歳未満


低金利カードローンといっても借り過ぎに注意

うっかりあなたもカードライオンになってません?

いくら低金利であっても、借り過ぎれば支払が難しくなり、将来の自分を苦しめる事につながります。

また借入残高が多いと、住宅ローンやその他の審査でも不利になります。


総量規制が導入されたとは言え、多重債務に苦しむ人が多いのが現状です。

全国銀行協会でも、カードローンでの借り過ぎ防止に関する広報活動を展開しています。



<参考サイト>:カードローン 借りすぎに注意!!-全国銀行協会

自分の返済能力に応じて、無理のない返済計画を立てましょう

以上、低金利カードローンの選び方と、おすすめの低金利カードローンを紹介しました。

低金利カードローンでも、それぞれ特徴は異なります。

利用条件や利用方法なども比べて、自分に合ったカードローンを見つけてください。

 おすすめの低金利カードローンはどれ?


あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ


検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


人気ランキング