横浜銀行カードローンで初めてのキャッシング!方法は?

横浜銀行は、神奈川県横浜市に本店を置く地方銀行です。

日本最大の地方銀行であり、東京都内にも多くの支店があります。


最近はカードローンに力を入れていて、街で広告を見た人も多いはずです。

今回は、初めて利用する人のために、横浜銀行カードローンの特徴や注意点を解説します。

横浜銀行カードローンの基本データ

横浜銀行カードローンの利用条件は?

貸付条件

実質年率 借入限度額 審査回答
年1.9%~14.6% 最高1000万円(10万円単位) 最短翌営業日
Web完結取引 口座開設 アピールポイント
可能 専業主婦の申込可

 横浜銀行カードローンの公式HPはコチラ

申込条件

横浜銀行カードローンを申し込むには、以下の条件をすべて満たす必要があります。


  • 契約時満20歳以上69歳以下の方
  • 安定した収入のある方、およびその配偶者・次の地域に居住またはお勤めの方
    ・神奈川県内全地域
    ・東京都内全地域
    ・群馬県内の以下の市
       (前橋市、高崎市、桐生市)
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  • 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方


横浜銀行のカードローンは、パート・アルバイトであっても、安定した収入があれば申し込めます。

ただし、学生は申し込めません。


また年収には、年金も含めることができます。

週3日以上のパート・バイトをしているなら、審査に通る可能性がありますよ!

必要書類

カードローンの申し込みには、以下の書類が必要になります。


<本人確認書類の写し>
全員必ず提出するのが、本人確認書類です。
 
以下のうち、いずれか1点のコピーを用意しましょう。

本人確認書類

外国籍の方は、在留カードまたは特別永住者証明書でも可能です。

なお運転免許証・健康保険証(カードタイプ)は両面、パスポーなら写真および住所ページの提出が必要です。


<収入証明書>
希望する借入額が50万円を超える場合、現在の収入を確認するため、収入証明書の提出を求められます。

ここで言う収入証明書とは、以下の書類を指します。

・源泉徴収票
・納税証明書
・確定申告書
・住民税決定通知書


 横浜銀行カードローンの公式HPはコチラ

書類に不備があると、再提出のために手間も時間もかかります。あらかじめ必要書類の内容を確認し、抜け漏れがないよう注意しましょう


横浜銀行カードローン、3つのメリット

横浜銀行カードローンには、どんな強みがあるのでしょうか?

ここでは、横浜銀行カードローンのメリットを3つ紹介します。

1.借入限度額が大きい

借入限度額が大きい

横浜銀行の魅力の一つが、借入限度額の大きさです。

下の表では、大手カードローンについて、限度額を一覧にまとめました。

カードローン 借入限度額
プロミス 1万円~500万円
SMBCモビット 1万円~800万円
三菱UFJ銀行 バンクイック 10万円~500万円
三井住友銀行カードローン 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 10万円~800万円
横浜銀行カードローン 10万円~1000万円

銀行カードローンの限度額の上限は、500万円~800万円が一般的となっています。

対して、横浜銀行カードローンの限度額は最大1000万円であり、業界トップの水準です。

横浜銀行カードローンは、大口の借り入れに強いです!

2.カードローン金利が低い

金利が低いのも、横浜銀行カードローンで借りるメリットです。

カードローン 金利
プロミス 年4.5%~17.8%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
三菱UFJ銀行 バンクイック 年1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 年1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年4.0%~14.5%
横浜銀行カードローン 年1.9%~14.6%

上限金利14.6%と、消費者金融と比べて、低金利での借り入れができます。

また下限金利は、銀行カードローンの中でも特に低い水準になっています。



カードローンの金利は、限度額の大きさによって決まります。

横浜銀行カードローンの場合、限度額毎の金利帯は以下の通りです。

借入限度額 金利
100万円以下 ~年14.6%
100万円超200万円以下 ~年11.8%
200万円超300万円以下 ~年8.8%
300万円超400万円以下 ~年6.8%
400万円超500万円以下 ~年4.8%
500万円超600万円以下 ~年4.5%
600万円超700万円以下 ~年4.5%
700万円超800万円以下 ~年3.5%
800万円超900万円以下 ~年3.0%
900万円超1000万円未満 ~年2.5%
1000万円 年1.9%

<関連記事>:【元銀行員が解説】低金利カードローンのおすすめは?

3.専業主婦でも申し込みOK

一般に、本人に安定した収入がある事が、カードローンの申込条件になっています。

消費者金融カードローンの場合、専業主婦の利用は一切できません。


銀行カードローンでも、専業主婦を受け付けているのは、ごく少数に限られます。

ですが横浜銀行カードローンなら、本人の収入がゼロの専業主婦でも、申し込みが可能です。


ただし、配偶者(夫)に安定した収入があることが条件です。

また審査に通ったとしても、専業主婦の借り入れは、30万円までとなるのが一般的です。

 横浜銀行カードローンの公式HPはコチラ

収入がある人に比べて、専業主婦のカードローン審査は厳しくなりがちです


横浜銀行カードローン、デメリット・注意点は?

上では、横浜銀行カードローンの特徴やメリットを紹介しました。

ですが申し込みにあたっては、ぜひ知っておきたい注意点もあります。

利用条件が厳しい

利用条件が厳しい

横浜銀行のカードローンは、利用条件がやや厳しいのが難点です。

<特定の地域に居住または勤務していること>
地方銀行のカードローンであるため、銀行の営業地域に居住または勤務していないと申し込めません。

特定の地域とは、以下を指します。

 ・神奈川県内全地域
 ・東京都内全地域
 ・群馬県内の以下の市
   前橋市、高崎市、桐生市



<横浜銀行の普通預金口座を開設すること>
カードローンの利用には、横浜銀行の普通預金口座が必ず求められます。

口座を持っていなくても申し込みはできますが、契約までに口座開設を済ませる必要があります。


口座開設は、店頭以外にアプリで行う方法もあります。

なお、すでに横浜銀行の普通預金口座を持っている人は、「WEB完結契約」を利用しましょう。

スマホ上で申し込みから契約まで完了できるので、忙しい人に便利です

即日融資には対応していない

銀行カードローンでは、即日融資に対応しているカードローンはありません。

横浜銀行カードローンの場合も、審査結果の連絡が来るのは、最短で翌営業日です。


審査の状況によっては、結果が出るまでに1~2週間かかるケースもあります。

お金が必要なタイミングから逆算して、余裕をもって申し込みましょう。

<関連記事>:即日融資が銀行カードローンでNGになった理由とは?

返済方法の種類が少ない

横浜銀行カードローンの借り入れ方法は、銀行振込みとATMです。

一方、毎月の返済方法は、口座振替(引落し)に限定されます。


選択肢が少なく、自分に都合の良い方法を選ぶ事はできません。

しかし自動で引き落とされるので、返済を忘れるリスクは低いと言えるでしょう。

繰り上げ返済については、ATMや振込みで行います


横浜銀行カードローン、借り入れまでの流れは?

横浜銀行カードローンでキャッシングする場合、どんな手順で進むのでしょうか?

下の図は、横浜銀行カードローンの申し込みから借り入れまでの流れを図にしたものです。

申し込みから借り入れまでの流れ

以下、詳しく見ていきましょう。

1.スマホから申し込み

スマホから横浜銀行カードローンのの公式HPにアクセスして申し込みます。

このタイミングでは、口座を持っていなくても問題ありません。


「通常お申し込みWEB受付」のボタンから進み、申込フォームに入力しましょう。

口座を持っている場合は、「WEB完結契約のお申し込み」を選んでください。

申し込み画面

申し込みが受付されると、登録した電話に確認の連絡が来ます。

2.必要書類の提出

審査に進むと、書類提出のお知らせがSMSで届きます。

書類をスマホで撮って、アップロードするだけで、書類提出が完了です。

必要書類に不備があると、やり取りに余計な時間がかかって、借り入れが遅くなってしまいます

3.審査/在籍確認

審査が始まると、自分の勤務先に、審査担当者から在籍確認の電話が来ます。

在籍確認とは、申告された勤務先に本当に在籍しているか、確認するものです。


またカードローン審査では、提出された書類や、申込者の信用情報も確認されます。

4.審査結果の連絡

審査が完了すると、申込時に指定した番号に、結果連絡の電話が来ます。

審査に通過していれば、契約手続きの案内があります。

家族に内緒で申し込む場合は、必ずスマホの番号を登録するよう注意しましょう

5.契約

「WEB完結契約」の場合、スマホで契約を完了できます。

しかしそれ以外の場合、郵送またはFAXで、契約書類のやり取りが必要です。

6.振込みキャッシング

急ぎの場合、登録した口座への振込みなら、契約当日にキャッシングできます。

WEB完結契約の場合、借り入れできるのは、申し込みの翌営業日が最短です。


ですが営業終了ギリギリの時間の受付だと、契約当日の振込みができないケースがあります。

郵送・FAXで契約は、契約完了までに時間がかかるので、おすすめできません

7.カード受け取り(郵送)

契約手続きが完了すると、約1週間ほどで、カードが自宅に郵送されます。

カードを受け取ったら、いつでも利用できる状態になっています。


ATMでの借りる場合、横浜銀行ATMの他、セブン銀行、ローソンAなどのコンビニATMも、手数料無料で利用可能です。

 横浜銀行カードローンの公式HPはコチラ


あいこ

この記事の執筆者: あいこ

元銀行員のアラサー女子。初心者のために、今日も分かりやすく解説します!プロフィールはコチラ


検索
このサイトの執筆・監修をしています

初めまして。このサイトの管理人で、「もぐお」と言います。元銀行員で、このサイトの執筆・監修を行っています。


人気ランキング